Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
ママボノプロジェクトを通して感じたこと

非営利組織とプロボノワーカーとをつなぐNPO法人サービスグラントさまから、ママボノとGEWELの協働機会をいただきました。ママボノとは、職場復帰を目指す子育てママたちが、復職に向けたウォーミングアップと同時に社会貢献活動を行える場です。
3ヶ月に渡る綿密な調査の後、プロジェクトチームからGEWELに対して素晴らしいご提案をいただき、早速2017年度の計画に取り込んでいます。提案書はこちら
今回、ママボノプロジェクトのリーダーからレポートをいただきましたので全文を掲載させていただきます。充実したプロジェクトだったことがわかりますが、特に印象的だったのがこちら。「リーダーとして一番重要なのは、チーム内にお互いを認め合う空気を作る事なのだ」「こんなにも楽しくかつプロフェッショナルな仕事ができるのだということを自らの体験から学べたことは大きな財産です」
前者はインクルージョン、後者は体験による学び、いずれもGEWELが大切にしているものです。
どうぞ最後までお読みください。

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-

ママボノプロジェクトを通して感じたこと

青木祐利

こんにちは。
昨年10月〜12月に行ったママボノプロジェクトでGEWEL様の支援をさせていただきました青木祐利です。
このプロジェクトでひょんな事からチームリーダーになってしまった私が、理想のチームワークを体験し、リーダーの役割とは何なのかを改めて考える事になった経験をお伝えします。

そもそもママボノとは育休中のママがプロボノワーカーとして取り組むプロボノプロジェクトです。2016年1月から育休中だった私がママボノのメンバー募集を発見したのは、申し込み締め切りの2日前でした。すぐに興味は持ったものの、自分の経験や技術に自信が無く申込みに躊躇をしてしまいました。しかし“育休をブランクから投資期間にしよう”をテーマにしていたので、勉強させて頂くつもりでエントリーしました。

正直、プロジェクトメンバーの顔合わせの際、(ああ、なんでこのメンバーでリーダーになってしまったのだろう。こんなすごいメンバーを私がまとめていくなんでできるはずがない。)と思い、不安いっぱいの気持ちのままでプロジェクトは始まりました。なぜなら、私は人をまとめるという事が得意ではなかったからです。しかしプロジェクトが進むにつれて、私の不安はいつの間にかどこか消えていました。そこにはチームメンバーの協力がありました。

チームのメンバーは全員乳児を抱えているため、子供のお世話が第一優先。その為、急な子供の発熱で打ち合わせを欠席する事や、打ち合わせ中の夜泣きや授乳などで全時間の半分程度しか参加できない事もありました。そんな中、参加したメンバーが代わりにプロジェクトを着実に進めつつ、不参加メンバーへの情報シェアを確実に行っていましたが、それだけではなく、メンバーひとりひとりが色々な工夫をしてくれていました。打ち合わせを欠席したメンバーが空き時間に率先してデータ集計を行ってくれたり、打ち合わせ前にプレゼン資料のドラフトを作成してくれたり、別の勉強会で仕入れてきた新しいマーケティング分析ツールを展開してくれたり、プレゼンを積極的に引き受けてくれたりしていました。中には、打ち合わせ現場に来られなかったメンバーが、自宅にいることを活かしてSNSを使用し音声で参加し議事録を作ってくれたこともありました。
皆、リーダーに分担を決められて業務を行うのではなく、目的達成の為にそれぞれがオーナーシップをもって自分に出来ることでチームに貢献しようという意思を強く持っていました。
また全てのメンバーが初めて取り組むプロジェクトということもあり、疑問に思ったことや気になる点などをどんどん自由に発言していく雰囲気も十分に出来上がっていました。そんな中で私は苦手だった“リーダー”というタイトルを気負うことなく、自然体で取り組むことができました。

私はこれまで“リーダーたるものは、リーダーシップを発揮しチームを導いていくべきだ”と考えていました。しかしどんなにリーダーシップのあるリーダーがいたとしても、チームメンバーがいなければそこに相乗効果は生まれません。リーダーシップとはメンバー皆が持つ事が重要なのではないかと感じるようになりました。これは日常の業務でリーダーの立場ではなくメンバーの一人である私にとっては大きな発見となりました。

そもそもなぜ私たちはチームで仕事をするのでしょうか。「互いの個性を認め、異なる意見をぶつけ合い検証する。足りない部分は互いの個性でサポートしあう。」この積み重ねで、一人では到底生み出せない新しい提案を生み出す事ができる。そこにチームで働く意義があるのだと、私は考えています。
リーダーといっても様ざまなタイプがありますが、リーダーとして一番重要なのは、チーム内にお互いを認め合う空気を作る事なのだと思います。私の場合、今回は素晴らしいチームメンバーのおかげで自然にこういった雰囲気がつくられていたため、この部分に注力をする必要性はほぼありませんでした。

実社会では上司/部下、役職、年齢、経験値など立場やバックグラウンドがあります。今回私たちが経験したように、完全にフラットな関係で、且つプロジェクトに対して同じ情報量を持つメンバーでチームが構成されるといったことはまずありません。しかし、私にとって各々がオーナーシップとリーダーシップを発揮することができると、こんなにも楽しくかつプロフェッショナルな仕事ができるのだということを自らの体験から学べたことは大きな財産です。今後は、自身の立場や役割にかかわらず、常にオーナーシップとリーダーシップを持ち続けて取り組んでいこうと思います。

最後になりましたが、Diversity&Inclusionについて深く考える機会を与えてくださったGEWEL様と、短期間ではあったものの素晴らしい学びをくださったチームメンバー(と、その赤ちゃんたち)に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

写真前列右が青木さん
| Maki | - | 20:38 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
リアルな現場につながる勉強会

(正会員 小なるみ)

GSWマラソン第3回に参加しました。
開口一番、講師の竹田さんから「あと60日で、東京大会です!」とアナウンスされると、もう直ぐだという気持ちと、準備する時間が無い!という気持ちが交差するのか一瞬皆さんザワザワ。
(私はワクワク)

何かと不安が入り混じる皆さんからは、開催までに何をしたら良いのかという様な問い合わせが多数ありました。竹田さん含めGSW 参加経験者から一つひとつの質問に対してシェアを出来たのが印象的でした。
(経験者の興奮が伝わった様です)

日本語でのやり取りを終え、英語での会話に慣れる為に、英語でのディスカッションが始まりました。
今日のトピックは、「女性リーダーの英語」の本を参照し、世界の女性リーダーはどの様に振る舞いスピーチしているかを学びました。

       
        ※教材は事前課題として各自購入して参加しました

1) Speech position スピーチ中の姿勢

 先ず、どんな立ち姿勢が力強く見えるかを話しました。身体を大きく見せる事でパワーを表現出来るそうです。

2) Female leaders speeches 女性リーダーのスピーチ

 Hilary Clinton, Michelle Obama and Yuriko Koikeのスピーチ内容から、インタナショナルで議題として取り上げられている言葉やフレーズを学び、日本人が持ちがちなバリアについて理解しました。

3) Contents organization 内容の組み立て

 日本に比べ、アメリカでのスピーチ構成は大変クリアでintroduction 序章- main topic 本題 - conclusion まとめ、で成り立っていることを理解する。これを押さえればスピーチも内容を拾い取りやすくなるという事でした。

4) Gestures ジェスチャー

 日本人にはあまり使い慣れないジェスチャーですが、姿勢と共に身体を大きく見せる様に広く使い、胸から上に集中させるのがコツだそうです。

 今回の大きな学びは、上手なスピーチやプレゼンに自身が無い一般的な日本人は先ず、Speech position から取り入れてみるのが、簡単で効果的だなぁ、と感じました。

私が話す時の姿勢が次は変わっているかもしれません!
| Maki | - | 23:02 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
「子どものプログラミングを考える」

賛助会員 小笠原記子さん

次世代を担う子どもたちには、少なくとも幼少期には、プログラミングのやり方ではなく、プログラミングの考え方を身につけてもらいたいと私は考えていて、将来的に、いろいろな場面でその考え方を応用してもらえるような学習の形を提案しています。
一方で、その保護者である大人は、プログラミングというものをどう捉えているのだろう?というところが、今ひとつ掴めないでいたのですが、今日のお話の中に少しヒントがあったような気がしています。
     
プログラミングを学べば論理的思考力がUPする!のようなスキルの話ではなく、実務的にどう役に立つのか?
ということを、もう少しイメージできるような伝え方、学び方というものを意識することが求められているのかもしれないというのが、今日の私自身の気づきです
| Maki | - | 00:16 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE