Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
2014 USJC-ACCJ Women in Business Summit Report2

Reported by Ann Sado

As a new individual member of the ACCJ, I truly enjoyed the 27th Summit. Ambassador Kennedy truly thought the Japanese women had fought to get voting rights and implemented great social initiatives and changes up to now, so she was truly hoping that all women if they worked together can achieve even more. 

Prime Minister Abe received the commendation from the Catalyst, President and CEO, Deborah Gillis, for challenging women in business to reach even higher and to become the "catalyst" for change!

Here is the summary as written up in the ACCJ website. http://www.accj.or.jp/en

"The ACCJ proudly welcomed Prime Minister Abe and Ambassador Kennedy to a remarkable 2014 Women in Business Summit. The Prime Minister used the stage provided by ACCJ and our co-host the U.S.-Japan Council to emphasize that advancement of women in Japan's economy is an imperative of his Growth Strategy. In an address that clearly showed her deep commitment to the goals of the Summit, Ambassador Kennedy recalled the key contributions of women leaders over the years and challenged us all to increase the contribution of women to Japan's economy. In 12 breakout sessions during a packed full-day program over 70 speakers and panelists spoke to and interacted with the Summit's 740 participants.

The challenge now will be to keep the momentum going to truly empower women in the workplace in Japan. The Chamber wants all of you to join in that effort to continue and even accelerate the momentum from the Summit. Please check out the Prime Minster's speech, our website and Facebook page. And please keep thinking of ways we can all work together to realize change."

Some of the initiatives proposed to the Prime Minister Abe was for Japanese women to be able to sponsor nannies from abroad reported by Kumi Sato, CEO of Cosmo PR (former Chairman of ACCJ, 2011-2012) and to make sure more women were represented at the Board level by keynote speaker, Sakie Fukushima, President and Representative of G&S Global Advisors Inc.
and also vice chairman of Keizai Doyukai. A break-out session I attended was promoting more women, foreigners, and different values for decision-making in Japan at "Board Diversity: Experiences and Perspectives" with Izumi Kobayashi, Board Director of ANA and Suntory Holdings, Yoriko Goto, Global Board & Board Member, Managing Partner of Deloitte Touche Tohmatsu LLC, Michiko Achilles of Director & Vice Chair of the Board, NPO GEWEL and special advisor of Gender Equality Promotion for City of Yokohama with male moderator, Dan Konigsberg, Managing Director of Corporate Governance & Public Policy at Deloitte Touche Tohmatsu Ltd.

It was also interesting to see more Japanese spoken at this Summit despite the organizers were US Japan Council spearheaded by President, Ms. Irene Hirano Inouye, wife of the deceased Senator Daniel Inouye from the USA and ACCJ with simultaneous interpreting. Even Kathy Matsui, Managing Director of Goldman Sachs spoke in Japanese about "Womenomics" which she had invented!

http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201405/27wibsummit.html
http://japan.usembassy.gov/e/p/tp-20140529-01.html


| Maki | D&Iイベント報告 | 18:15 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
2014 USJC-ACCJ Women in Business Summit レポート 1

堀 玲子 (株)アンテリオ 理事

 5月28日終日ANA Intercontinental Tokyoにて開催された今年のウーマン・イン・ビジネスサミット(主催USJC-ACCJ)は、安倍首相やケネディ駐日大使、森まさ子大臣も出席し、70名のスピーカーが登壇するなど、740名の参加者は大いに刺激され、学び多い会となった。
(全体写真はACCJのFBへ https://www.facebook.com/The.ACCJ

 特に今年の印象は、昨年と違い、もっと等身大で、ミッドキャリアの女性にも競争優位性以外のダイバーシティの持つ意味や個人の成長へのパスであるという、基本的な考え方を、改めて体験できる良い機会であった。特に分科会で参加した2つのセッションについて感想を述べたい。

.咼献優后Εャリアの成長のためのダイバーシティの活用

 この分科会では改めて「日本におけるD&Iの定義ってなんだろう」「どうやってインクルージョンを意味づけたらいいんだろう」という素朴な質問から口火が切られた。
 「RESPECT」「VALUED」「WELCOME」「LISTEN」「SUPPORTED」「ACCEPTANCE」これらがキーワードとして挙げられていた。
 特に仕事場では、仲間のすべてが判っているかというと、全くそのようなことはない。氷山のように、目に見えて理解できるものはほんの10%だ。90%は現実には目に見えていない。これは本質的なものは実は、隠れたところにあるということだ。こういったことを念頭に置くと「Diversity Brain」を持ちながら(Diversityは実は目に見えないところに広がっているという思い)考えることがとても重要であるという点がシンポジストのジョルジュ・デブォ氏(マッキンゼー・アンド・カンパニー)より指摘された。

 また、バクスターの代表取締役兼アジア・パシフィック地域責任者であるジェラルド・リマ氏は、「特にアジア地域では、あきらめることなく継続したコミュニケーションが欠かせない」と述べていた。
 アジアでは1つとして同じ国はない。ビジネス上では、日本を含めてアジアまたはアジア・パシフィックと1つにまとめられがちだが、実は多くの民族・宗教・政治の違いで構成されており、その中でのダイバーシティ&インクルージョンをビジネスの舞台で生かすことが大変意義がある。単一の日本国での取り組みより少し時間はかかるが、少しでも進んだその先には、創造性豊かな、かつ革新的なアイデアが浮かんでくるはずだとの意見が述べられていた。
 大変興味深い話であり、リマ氏はご自身の体験から、また生業としているヘルスケア産業の観点からも、女性の活躍を期待する声を力強く発信していた。またシンポジストからは、実践的なビジネスで生かすには、自ら目に見える形でのコミットメントも必要だと締めくくられた。

⊆萃役会のダイバーシティがもたらす利点

 ここでは、欧州でのクォータ性が現実的に日本の取締役会でワークするのかどうか、どのような経緯や基準でボードメンバーが選ばれていくのかなど、少しハイエンドの話題ではあったが、40代での社長が出現している今、そう遠くない将来に向けて準備していくお話を聞くことが出来た。
 加えて、特に社外取締役の役割についてや、さまざまな能力をもつ女性がいるのに実は社外取締役として候補が挙がるのはいつも同じ人であり、少数の女性が何社もの社外取締役になっている現状もセッションの中で取り上げられた。

 また、ボードメンバーに女性を入れることのメリットとして、従来暗黙知として周知だった事柄が、素朴な疑問を上手に投げかけることで、結果ガバナンスも上昇し、よりオープンな組織へと変化していくことも示唆された。
 今後は、どうやってグローバルで生き残っていくのかを考え、さらに違った意見や違った発見を取りいれる必要性を浸透させないといけない。また社外取締役に適任な女性の発掘も同時に行っていくべきだといった見解も出ていた。

 いきなり欧州のようなクォータ制を導入するには、日本企業はまだ準備が出来ていないところも多い。クオータ制をターゲットにするのではなく、まずは身近な数値目標設定とそのPDCAを回していくことから始まるべきだというアドバイスがあった。そして「取締役は鍛えてもらって、育ててもらって成長していく」という実体験にもとづいた貴重なアドバイスがあった。

※安倍首相のスピーチ
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201405/27wibsummit.html
※ケネディ大使のスピーチ
http://japan.usembassy.gov/e/p/tp-20140529-01.html


| Maki | D&Iイベント報告 | 13:39 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
インフラと製造業開発に日印協力 India-Japanese Collaboration in Infrastructure and Manufacturing

Sanjeev Shinha

インドは発展に向けて新たな道を辿っています。インドは、農業からハイエンドのITサービス産業に飛躍した珍しい国ですが、大規模な雇用と富創出、巨大な国内市場への供給だけでなく、輸出の機会を活用するためにも、インフラと製造業において多くの労力が必要となります。インフラと製造業の発展のため包括的機能(図:http://goo.gl/MGBBM6 )を提携できる財閥的な巨大な力が必要だと思います。

India is on a renewed path of development. While India leap frogged from Agriculture into high-end IT services industry, a lot of work needs to be done on the infrastructure and manufacturing side which is essential for large scale employment creation, supply to the huge domestic market as well as to tap into the export opportunity. The global conglomerates of India can and must play a very imp ortant role for the holistic approach needed (see:http://goo.gl/MGBBM6 ) for such a mammoth task!

インドの多国籍財閥であるGMR Groupは空港、エネルギー、高速道路および都市インフラ分野を主な業務としています。
GMR Groupは、インド・ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港の主ターミナル3の建設し全空港を運営している会社であり、トルコ・イスタンブールISGIA空港を建設・運営しており、最近は、フィリピンのマクタン・セブ国際空港の復旧、拡張および運営も行うことが決定しました。多様な事業の中6,000MW以上の発電事業を行う15ヶ所と3,000車線キロ以上の8つの道路資産もあります。

GMR Group is an India headquartered global infrastructure conglomerate with interests in Airports, Energy, Highways and Urban Infrastructure sectors.
GMR operates India’s busiest airport, the Indira Gandhi International Airport in New Delhi, where it has also built its flagship terminal T3. The Group has also built and operates Turkey-Istanbul ISGI A Airport and has recently been awarded the Mactan-Cebu International Airport project in the Philippines for rehabilitation, expansion and operation. The Group has 15 power generation projects of more than 6,000 MW and 8 Road assets of more than 3,000 lane-kilometers.

現在GMRは、南インドで港と物流ハブを含めた合計約550万平方メートルの工業地帯2ヵ所の発展に取り組んでいます。これらの工業地帯は、インドの主要な輸送経路、電力および水源へのアクセスが良く、自動車部品および自動車OEMのクラスタ、エレクトロニクス製造クラスタ、防衛、航空宇宙製造業区域、エンジニアリング、食品や農産加工、重機、製油所、石油化学、化学、製薬および玩具とスポーツ用品業、ならびに総合的かつスマートな住宅、社会・教育インフラストラクチャを包含することが計画されています。また、サービスや金融業界への強いつながりを持つGMR Groupは、企業の社会的責任に関する強固な目標を掲げ、社会開発に取り組んでいます。GMR Group 自己紹介動画(日本語) http://goo.gl/ntHCD5 。

GMR is working on two major industrial zone developments of total approximately 5.5 million square meters including a major port and logistics hub in south India. These industrial zones, well connecte d with major transport corridors of India and good sources of power and water, are planned to include Auto Component and Auto OEM Cluster, Electronics Manufacturing Cluster, Defense and Aerospace Manufacturing Zone, Engineering, Food and Agricultural Processing, Heavy Machinery, Refinery & Petrochemical, Chemical & Pharma, Toys & Sports Goods and holistic and smart Residential, Social and Educ ational Infrastructure. GMR Group with strong links to services and finance industry is also committed to social development initiatives with a strong Corporate Social Responsibility arm.

GMR has also forayed into sports by promoting the Indian Premier League
(IPL) cricket team ? Delhi Daredevils. A brief video on the GMR Group can be seen at: http://goo.gl/EXkSzQ .

来たる6月Mr. Arun Bhagat, Chief Operating Officer, Krishnagiri SIR, GMR Groupが、様々な開発のために、日本とのパートナーシップの可能性、日本からの技術、テナントおよび投資について相談するために来日します。6月11日に、Sun and Sands GroupがBhagat氏とのプレゼンテーションおよび交流会を計画しています。下記をご確認ください。

Mr.Arun Bhagat, Chief Operating Officer, Krishnagiri, SIR, GMR Group is visiting Japan to discuss potential partnerships, technology, tenants and investments from Japan for various developments. Sun and Sands Group is organizing a presentation and interaction with Mr. Bhagat on June 11th as follows.

この機会に私の国際開発ジャーナル記載のインタヴューとスピーチの情報も提供させて頂きます:http://goo.gl/XUbcgV .

日時:2014年6月11日(水)
Date: June 11th, Wednesday.
会場:新丸の内ビル9F #902
Venue: Room 902, 9F, Shin Marunouchi Building.
時間:1800-2100
Time: 1800-2100.

プログラム:Program
1800-1830: 受付 Reception.

1830-1840:Sun and Sands Group代表サンジーヴ・スィンハによる紹介。
Introduction by Sanjeev Sinha, President Sun and Sands Group.

1840-1910:専門家及び支援者からのご挨拶・メッセージ
 Greetings and messages from experts and supporters:
・榎泰邦氏、Sun and Sands Group副会長、サン・アンド・サンズ・コンサルタンツ代表取締役社長、元駐インド日本大使。
・Amb. Yasukuni Enoki, Vice Chairman, Sun and Sands Group, CEO Sun and Sands Consultants, former Ambassador of Japan to India.
・高島正之氏Sun and Sands Producer会長、横浜埠頭株式会社代表取締役社長、元三菱商事代表取締役副社長(予定)。
・Masayuki Takashima, Chairman Sun and Sands Producer. Concurrently President of Yokohama Port Corporation; Independent Director, Mitsubishi Steel and Mikuni Corporation. Former Member of the Board and Senior Executive Vice President of Mitsubishi Corporation (TBC).
・藤崎照夫氏Sun and Sands Group顧問、本田技研にて中南米・中近東・アフリカ四輪部長のほか、インド二輪最大手のヒーロー・ホンダ(Hero Honda Motors Limited)元社長、四輪のホンダ・シエル・カーズ・インディア(Honda Siel CarsIndia)元社長。
・Mr. Teruo Fujisaki, Advisor, Sun and Sands Group, former CEO of HONDA group entities in India, South Central Americas, Middle East and Africa.
Other distinguished guests to be confirmed. 他、確認中。

1910-2000:
・GMRグループ ク,リシナギリSIR, COO, Arun Bhagat氏によるプレゼンテーション。
・Presentation by Mr. Arun Bhagat, COO, Krishnagiri, SIR, GMR Group.

2000-2030:質疑応答および閉会の辞 
Q&A and Closing Remarks.

2030-2100:軽食と飲み物による交流会
Interaction over light snacks and drinks.

(定員:80名, limited to 80 guests)

最新情報およびお申込みは: http://goo.gl/wGiPS4
For latest details and registration please visit: http://goo.gl/wGiPS4

| Maki | その他 | 17:50 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
GEWELと次のステージへ

GEWEL 副代表理事 アキレス 美知子

皆さま、いつもご支援ありがとうございます。10年目を迎えたGEWELは新体制が発足し、私も5月より副代表に就任いたしました。担当は広報・外部関係、人事とCSRなります。よろしくお願いいたします。今まで先輩たちからいただいた価値を守りつつ、GEWELの次の10年を見据えて、新たなチャレンジを進めていきます。

 GEWEL創業の理念には、「一人ひとりの女性が才能を発揮し、宝石のように輝く存在になる」という思いが込められています。それぞれの立場、ライフスタイル、年代などの違いがあっても、自分らしく輝いている人は素敵ですよね。

 では、輝くにはどうしたらいいのでしょう?まずは、自分の良いところ、得意なことが何かを理解することです。そして、その得意なところを伸ばしていき、人のために役立てましょう。

 例えば、私が得意なところは、「様々な人と接し、共感を生むこと」「混乱した状況でも、何をするべきか見極め実行すること」でしょうか。他の人の良いところを探し、そこを伸ばすお手伝いをすることにも大きなやりがいを感じます。私がこれまでのキャリアで「人事」という、ともすれば重く、敬遠される分野で楽しくやってこられたのも、人の良いところに着目し、その成長をお手伝いしてきたからだと思います。

 GEWELが推進しているD&Iの目的は多様な個性、属性を持った人たちが互いを尊重し、強みを発揮しながら活躍できる組織や社会を実現することです。グローバル化の進展や少子高齢化など外部環境の変化が顕著になり、ようやく日本もD&Iの必要性にめざめ、官民挙げて取り組みを始めました。まだ一歩踏み出したばかりですが、GEWELがスタートした10年前と比べると雲泥の差です。このチャンスをぜひ活かしていきましょう。

 GEWELは、小さな組織です。けれど、私たち一人ひとりが個性を持ち、自ら輝くだけでなく、周りの人たちも輝くことができる存在になりたいと思っています。これからも、企業人、起業家、行政などを含め、様々なネットワークの場を提供します。また、皆さまの身近で情報を発信し、等身大の理事・メンバーと接することで、一緒に悩んだり、立ち直るヒントを見つけて、「信じた道」を歩み続けることをサポートしていきます。

 GEWELの活動を通して皆さまとお会いする機会を、心から楽しみにしております。
| Maki | - | 10:41 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
代表理事就任のご挨拶

GEWEL 代表理事 川合 昭子 

 10周年の節目を迎えた2014年、代表理事に就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。私は今、GEWELに対する大きな期待と代表としての責任を感じています。

ギアチェンジ
 この1,2年はダイバーシティとインクルージョン(D&I)、特にジェンダーダイバーシティでは時代を画すほどの大きな変化が起きています。日本はギアチェンジし、「男vs女」ではない誰もが活躍できる社会に向かおうとしています。また、顔を見なくてもつながるグローバルなネットワーク社会になったことで、相手を理解しコミュニケートする力や、交渉する力、価値を生み出す力などが益々重要になってきました。

D&Iの基礎体力
 これらの力をつけるには、D&Iの実践が不可欠です。多様な人達がいる環境に積極的に身を置き、相手に関心を持って繋がりを広げ、互いを尊重し信頼する努力、真摯に本音の議論をする勇気などが必要です。どれも簡単ではありませんが、毎日意識して続ければ自然とD&Iの基礎力がついてきます。困難に直面したときは、ユーモアとパッション、インクルージョンが鍛えられます。

D&Iと私
 私自身は外資系企業で定年まで勤めました。業務系やマーケティングの経験に加えて、人事で16年、中でもD&I推進を2000年から10年以上担当してきました。キャリア自律推進とキャリアカウンセリング、タレントマネジメント、ワークライフバランス、なかでも、女性活躍推進やネットワークグループ、創造性を発揮し新しい仕組みをチームで作った障害者雇用などに力を注いできました。私は、D&I実践の難しさも、D&Iの持つ素晴らしい力も共に経験してきました。これらをGEWELの活動に活かし、社会にお返しができればと考えています。

これからのGEWEL
 D&I の老舗で、小回りが利き、企業や起業家出身のユニークな人材と、グローバルなつながりをもつオープンな組織が、私達GEWELです。多様な経験をもつ理事やメンバーと話すと、お互いの違いを発見し、刺激され、ワクワクします。
 私達は、ステークホールダーの皆様のニーズを伺い、つながるための手を何本も見つけて、D&Iのハブになりたいと考えています。皆さまに、GEWELに関わっていくと「元気がでる」、「成長や発見がある」、「おもしろい」と言ってもらえる活動を展開していきます。D&Iを実践し、社会変革の一翼を担っていくことを目指してまいります。今後ともGEWELをどうぞよろしくお願いいたします。
| Maki | - | 04:28 | - | - |
NPO法人GEWEL
創立からの10年間を感謝して

―NPO法人GEWEL10周年記念夕食会を開催しました―

GEWELは今年創立10年を迎えました。この節目に当たり、今までご尽力いただいてきた創立メンバーや元理事、アドバイザーの方々に感謝をこめて、新緑の5月19日、ささやかな会を設けました。

創立時からの歩みを懐かしい写真とともに振り返りながら、創立に至った経緯や当時のエピソード、共通の夢や込められた想いなどなどが大いに語られました。
中心にあるのは“ダイバーシティ”や“インクルージョン”という言葉がまだ一般には知られていなかったころから、大切に育んできた“D&Iの精神”です。

ダイバーシティ推進の風が吹いている今、10年間の活動の成果を基に新たな一歩を踏み出してほしいと、現メンバーへの期待を込めたメッセージが贈られ、一人一人の心に力強いバトンが渡されました。



| Maki | その他 | 22:25 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
ダイバーシティとの出会い

芹澤 充子(せりざわ あつこ)

自分のキャリアを考えてみると、最初女性の営業第一号で始まり、プロダクトマネージメント、マーケティング、営業本部長と、ビジネス一本に関わってきたが、チャレンジングな中でも、ずっと楽しんで仕事をしてきたと言えると思う。

次第にビジネスが国内から、アジア14か国への展開に移っていき、そしてアメリカ本社で、日本人でアメリカ担当になったことなどを経験している時、“ダイバーシティ”と出会った。その時は、ビジネスが国際化していくなか、違う国籍の人達と関わって仕事をしていかなくてはならないために、“ダイバーシティ”が大切なのだ、といううたい文句だった。私は女性であるというマイノリティと、日本人であるというマイノリティの立場を経験してきていたので、“ダイバーシティ”に興味をもった。

そして、気が付くと、アジア14か国に社内の女性のリーダーシップ促進のネットワークWIN (Women’s Innovation Network)を、シンガポールで女性リーダー達とキックオフをして立ち上げていた。2005年には、CEOからグローバルビジネス戦略の一つとしての“ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)”がトップダウンで発表された。化学品製造という保守的で、男性優位のビジネス環境において、センセーショナルな出来事であったが、ほとんどの社員にとっては、ちんぷんかんぷん状態だったのはまちがいない。

その後、初めてグローバルD&Iの組織化が行われた。グローバル・ディレクターの下、アメリカ担当とヨーロッパ担当が設置され、そして2006年にアジア担当に手をあげた。 これが社内において、D&Iの始まりだった。CEOが先頭にたってD&I研修をし、取締役達も、各事業部に、各カントリーにリードしていった。
 
私にとっては、ここで本格的にアジア14か国のカントリーマネジャーとのD&Iの取り組みが始まった。企業として利益を出さなくてはいけないというゴールがあり、社員のモチベーションを上げ、ケアしなくてはいけないリーダーシップが求められていた。

しかし、国が違う、人種も違う、宗教も違う、言葉も違う、生活も違う、仕事のスタイルも違う、考え方も違う、決断の仕方が違う、楽しみ方も違う、悩む事も違う・・・。そんな中で人との関わりがあって、変化を起こしておくことが楽しかった。そしてこれ以後、D&Iが私のライフワークとなったのである。


| Maki | その他 | 00:37 | comments(1) | - |
NPO法人GEWEL
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< May 2014 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE