Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
ニューヨーク州で“女性の平等法 Women's Equality Act”が成立

理想実現を求めて、つながりあうことで成果を手に!
佐々木真紀

2014年1月27日、ニューヨーク州知事クオモ(Cuomo)氏が、ジェンダーを理由とした不公平や差別の終結を宣言し、“女性平等法 Women's Equality Act”が成立しました。

◆法案成立までの歩みは、男性、女性一人ひとりの志と想いのつながり
成立のベースとなったのは、女性平等連合 New York Women’s Equality Coalitionです。850団体を超える経済団体や市民団体で構成されたグループです。州知事は、法案成立に向けてこの女性平等連合の主なメンバーたちと推進活動を実施してきました。

女性たちが自らと周りの女性たちがよりよく生きる権利を手に入れるために、つながりをつくり、具体的なアクションを起こし、一歩一歩確実に進み、政治を動かそうとしていきました。それが大きな波となり、より一層、実質的な力をつけていっているのです。

◆1分でわかるWomen's Equality Actが必要な理由
同じ日に同じ病院で生まれた赤ちゃんたち。その子の将来が男女で差別されることがあってはならない。静かに語られるビデオは秀逸です。ぜひご覧になってください。
後半のクオモ州知事のスピーチも法案成立への情熱とニューヨークの人たちの臨場感がよく伝わってきます。
http://www.governor.ny.gov/2013/womens-equality

◆The Women's Equality Actとは
この法が示している10分野は、いままで成立した法の隙間をうめるものとされています。世界中どこの国でも存在する課題、男女間賃金の不平等や職場でのセクシャルハラスメント、女性への暴力、DVやセクハラ、人身売買の根絶など。これらをより実質的になくしていこうとする人々の努力の結晶です。

The Women's Equality Act will:
Achieve Pay Equity
1.Stop Sexual Harassment in All Workplaces
2.Allow for the Recovery of Attorneys’ Fees in Employment and Credit and Lending Case
3.Strengthen Human Trafficking Laws
4.End Family Status Discrimination
5.Stop Source-of-Income Discrimination
6.Stop Housing Discrimination for Victims of Domestic Violence
7.Stop Pregnancy Discrimination Once and For All
8.Protect Victims of Domestic Violence by Strengthening Order-of-9.9.Protection Law
10.Protect a Woman’s Freedom of Choice


日本の男女共同参画社会基本法も(Basic Act for Gender-Equal Society )制定から10年余が経ちました。しかし、保育所問題だけではなく、雇用の場では女性の非正規労働が過半数を占める状況があり、セクハラ、出産育児を理由に退職する例は後をたちません。女性への暴力は凶悪なDV,ストーカーなどニュースで聞かない日がないほどです。この現実は、シングルマザーの増加とともに高齢女性の貧困増へとつながっていきます。

行政の動きをみても、東京都内23区の女性センター、男女共同参画センターも縮小や廃止、統合される例がいくつも出てきています。

課題が山積している現状ですが、では、次世代の女性たちに、より公正で生きやすい社会を引き継ぐために、今できることはないのでしょうか。

ニューヨーク州の例をみてもわかるように、一人ひとりが自分の前にたちはだかる課題を解決するために、知恵をだし、信頼しあい、つながりあい、行動していくことで変えていくことができると考えています。

****
*ぜひ一度読んでみてください。
男女共同参画社会基本法http://www.gender.go.jp/about_danjo/law/kihon/9906kihonhou.html#anc_chapter0

英語版 Basic Act for Gender-Equal Society
http://www.gender.go.jp/english_contents/about_danjo/lbp/laws/index.html

http://www.governor.ny.gov/press/06042013Womens-Equality-Act-Legislation
http://nywomensequality.org/10-point-plan/
http://www.protectchoicenow.org/assembly/
| Maki | 最新D&I情報 | 16:04 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
「日本で最も美しい村」の一つ 馬路村にみるD&I

古き良き伝統に、新しいアイディアを取り入れて
芹澤 充子

高知県の「日本で最も美しい村」の一つである馬路村へ行ってきました。高知空港から車で2時間かかる、人口1000人の村です。



馬路村は96%が森林に囲まれ、古くは林業で栄えた村で、村には材木の運送のための蒸気機関車の通る鉄道がありましたが、今は蒸気機関車が置かれている公園しかなく、昔の栄えた時代の話は、語り部から聞くのみとなっています。多くの村民は材木業と農業で生活を支えてきましたが、海外からの低価格の木材に押され、材木業が衰え、若者の雇用が難しくなり、都会へ出ていき、村は過疎化し、高齢化していったのです。

そんな中、お年寄りたちが、ゆずを植え始めました。高速道路もない、信号機すらない道を歩いていると、家々の庭先に、沢山のゆず畑を見ることが出来ます。年々その数は増えていき、ゆずの収穫期には、鈴なりになったゆずの木々が村中にみられるようになったと言います。歩いているとゆずの香りさえ感じられます。そんなゆずは、一つ一つ丁寧に、かごに入れられ、収穫されていきます。



当初、このゆずは冬の鍋ものにぴったりの「ポン酢」として使われはじめ、それが全国に広がりました。
ポン酢から始まったゆず加工品は、ゆずドリンク『ごっくん』のヒット商品を生みだし、ほかにも、ゆず味噌、ゆずこしょう、 ゆずジャムなどさまざまな加工品が開発され、贈答用にも大変な人気となっています。詰め合わせセットのパッキングにはエコを考慮して、タオルが使われています。



このゆずのビジネスは、1000人以下の村に、100人程の雇用を生み、年商30億円までになりました。今はゆずの種を利用し、「Umaji」と言う名前の化粧品を開発され、安全で肌にやさしい化粧品として、ゆずの付加価値をより高めた新規事業として発展しています。



馬路村では、特産の木材も、村であることも、上手に活かし、復活させています。役所のロビーに置かれているテーブルと椅子もすべて木製で、柔らかい雰囲気をだしています。沢山の木製の置物も、若者のアイディアで作られ、村のお土産品になっています。

若者によるお手製のおもてなしをひとつご紹介します。

村のバス停留所はいつも乗客がいるわけではありません。人寂しいバス停に、若者たちの手づくりの愛くるしいお人形が微笑んで座って、温かみを見せています。

村では、今、若者がエネルギッシュに働いているのが見られますし、お年寄りも村を誇りに、生き生きとされています。村のどこに行っても誰に会っても、村民には笑顔があり、素晴らしいおもてなしがありました。

ここまで来るには、色々な葛藤もあったようですが、Uターン者も増え、シニアの村民と若者たちが、古き良き伝統に、新しいアイディアをいれ、過疎化した、高齢化した村を、このように、違った考えを交えて、活性化しているのを見るのは、とてもうれしいことです。
| Maki | 最新D&I情報 | 21:38 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
女の子たち、もっと自信をもっていいよ

若い世代に接した経験から:偏差値至上ゆえに自信を無くしているのでは?
藤井 幸子

2月初めに、あるNPO団体でキャリア教育を学校に出前授業をしているところの、プログラムの大人役を引き受けました。
大人役とは、自分がどんな仕事をしているか?をあらかじめ紹介しておき、それに興味を持った生徒からのインタビューを受けます。生徒たちに働くことに興味を持ってもらうことが目的です。

訪ねたのは、普通高校ではなく、デザインやファッション専攻科のある高校です。インタビュアーは高校2年生の女子生徒たちで、将来のことも考える時期なので、どんな仕事が世の中にあるのか?を知ってほしい。そして、大人と話をすることで、視野が開けることや、自己肯定感を持ってほしいというのが、担当の先生からのご要望でした。

私は、医薬品のマーケティングを長い間担当していたので、デザイン学校を出た人たちがどんな職業の選択肢を持てるのか、という想定で、準備していったのですが、私にインタビューしたのは、二人の女子でした。

私の職業観を話しつつ、彼女たちに「なぜデザイン学校を選んだの」と聞いたところ、「ここしか入れてくれるところがなかった・・・。」と自信のなさそうな表情で話してくれました。みたところ、ごく普通だし、なぜそんなに自信がないのか?と不思議に思いました。周りからも、「成績が悪いからこの学校しか入れない」とか、「ダメ・・・」とか言われるそうです。そんなことを言われたら、彼女たちの年代でなくても自信がなくなるのは当たり前です。

自信がないと口に出した生徒も、「前に自分が楽しかったことを思い出してごらん!」とか「人に喜んでもらえたことは何?」とか聞き、自分の言葉にしてみることで、その情景を思い出すと、表情が変わってきます。

彼女たちは、ファッション科の生徒で、年に2回ファッションショーをやっています。自分の作った服を着て、モデルの役もこなします。私から見れば、単にお勉強だけをしているより、好きなこともできるこの学校に入ったことを誇りに思うことが、大切!と思い、「普通高校だったら、好きなことを学校の授業で実践できる機会は少ないのよ!大いに楽しみなさい。」と励ましてきました。

私たちの世代は、職業観が高校生の時にすでにあったわけでもなく、私自身は、「早く“いっちょまえ”になりたい!」と思っていたことを話したところ、これには大いに賛同してもらえました。

大人たちが自分たちの標準で、子供たちを評価するのが、どうなのか、疑問に思った次第です。
以前に“鬼母”のことを書いたことがありますが、母親が自分が達成しなかったことを子供(娘)に託し、レールを敷いたところを走らせる。『子供を育てるときには、自分がしたように家で子育てをしなさい、とか、働くことと子育てを完璧にしなさい、と言われて、娘がおかしくなることが結構見られる』という内容のブログでした。親の価値観を子供に強いることがはたして最善なのか、疑問に思うところがあります。過去のブログ記事

彼女たちに大人が真剣に接することもあまり無いようで、大人と話をすることは、決してつまらないことばかりではない、と感じてくれたようです。今後もこのような機会があれば、大人役として、真剣に若い世代に向き合うために、参加しようと思っています。
| Maki | 最新D&I情報 | 12:13 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL
第1回「エンパワーメント大賞」受賞者発表!

ワーキングウーマン・パワーアップ会議
◆第1回「エンパワーメント大賞」受賞組織発表
 
「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」では、女性の力を活かし、組織
の生産性向上につなげる動きを加速させるために、「エンパワーメント大賞」
を実施し、本日、第1回の受賞組織を発表しました。
受賞の主な取り組みのポイントは、ホームページでご覧いただけます。

【第1回「エンパワーメント大賞」受賞組織】

●株式会社 セブン&アイ・ホールディングス(東京都)
 グループ全体で横断的な活動を展開し、女性管理職が大幅に増加

●P&G (兵庫県)
 「多様性推進とその活用」を経営戦略として取り組み、工場長に女性就任

<奨励賞>
●鳥取大学医学部附属病院(鳥取県)
 全職種へのメンター配置の取り組みとシングルマザーの活躍を支援

●トヨタファイナンス 株式会社(愛知県)
 「人材マネジメント方針」に基づき企業文化変革で女性の能力拡張を支援

●株式会社 光機械製作所(三重県)
 女性の職域拡大で、新たな発想から熟練技術不要な研削盤開発を実現
   
◇受賞者の取り組みのポイントはこちらをご覧ください
   http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001402.html 
 
 
◆「エンパワーメント・フォーラム2014」のご案内
2014年2月25日に開催される「エンパワーメント・フォーラム2014」にて、表彰式、および、パネルディスカッションを行いますので、是非ご参加ください。
   
 ■日 時:2014年2月25日(火)13:30〜16:30
               交流会 16:45〜18:00
         
 ■会 場:女性就業支援センター(東京・港区)
 
 ■参加費:フォーラム無料
 
 ■プログラム
 1.開会挨拶    ブルドックソース 代表取締役社長  池田 章子
 2.「エンパワーメント大賞」表彰式
             祝辞  日本生産性本部 会長  牛尾 治朗
 3.講演「ダイバーシティ社会へのチャレンジ」
     前・多数国間投資保証機関(MIGA) 長官  小林いずみ
     ANAホールディングス 社外取締役
     サントリーホールディングス 社外取締役

4.パネルディスカッション「女性の活躍で、組織にパワーを」
  ・パネリスト:「エンパワーメント大賞」受賞組織
          セブン&アイ・ホールディングス、P&G
  ・コーディネーター:NTTコムチェオ 代表取締役社長 小林 洋子
         
         
  ◇交流会(会費1000円(ドリンク代)
当日現金払いで領収書を発行)
              
  ◇詳細はこちらをご覧ください。
   http://www.powerup-w.jp/empower/program/2014.php
| Maki | 最新D&I情報 | 19:51 | comments(1) | - |
NPO法人GEWEL
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
<< February 2014 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE