Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
フランス、ベルギー、上級公務員の40%女性へクオータ制導入

フランス政府は、5月2日高級官僚登用にクォータ制を採用する決定を公表しました。
2018年までに、毎年任用・登用される高級官僚の40%を女性にする法案を下院(国民議会)で可決しました。
重要なことは、クオータ制を実行してない場合、9万ユーロの罰則が課されるなど罰則がついていることです。

これに先駆けてフランスでは、2011年1月にサルコジ大統領がノルウェーの「取締役クオータ」にならい、企業に対し、3年以内に取締役の20%、6年以内に40%を女性にするクオータ制を課すことを決定しています。

ル・フィガロより
Quotas de femmes hauts fonctionnaires

フランス、取締役のクオータ制導入を可決
http://frihet.exblog.jp/13593648/


また、ベルギー政府も、2013年まで政府の高級官僚を登用する際、クオータ制を採用し、33%を女性に引き上げることを決定しました。
クオーター制を導入する理由として、現在、ベルギー政府のトップ官僚のうち、女性はわずか13%しかいないことを挙げています。

ル・フィガロより
Haute administration/parité: quota belge


| Maki | 最新D&I情報 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(2) |
NPO法人GEWEL
異なる視点で日本人や日本文化を見直す

異なる視点が日本美術を評価した、明治時代のクールジャパン
-ボストン美術館展から-
藤井 幸子

現在、国立博物館でボストン美術館展が開催中で、日本美術の至宝を鑑賞できます。世界でも有数の日本美術コレクションがボストン美術館に所蔵されている背景には、日本国内で、明治時代に西洋のものが尊いとされ、日本の美術の評価が下がったという事情も一つの要素だと考えられています。いまクールジャパンというTV番組では、外国人の目から見たかっこいい日本のものが紹介されていますが、美術作品に対しても当時同様のことがおきていたのだと感じました。没落した大名家や貴族たちがお宝を手放さざるを得なかった、また廃仏毀釈のためにお寺が仏像や仏画を廃棄したなどということもあると思いますが。

明治政府のお雇い外国人教授として招聘されたアーノルド・フェノロサ、医師で資産家のウィリアム・ビゲロー、東京美術学校の設立にかかわった岡倉天心がその美術観から選んだものが多くを占めているそうです。
お蔭で、日本美術の至宝が散逸せずボストンのコレクションとして残っているのはありがたいことでもあり、ちょっと複雑な気持ちですが。

今回の目玉作品の一つに曽我蕭白の雲竜図があります。世界で初めて公開されているものですが、その迫力は見る価値のあるものです。曽我蕭白は生存していたことには、さぞかし画壇から見れば“出る杭”だったと思いますが、今の私たちが見るとそのエネルギーを実感できる画家のひとりです。ほかにも蕭白の作品は、とてもユーモアを感じるものが多く、メッセージ性を感じます。なぜ曽我蕭白の作品が多くボストンに流出したのかは定かではありませんが、ビゲローの目から見て、日本人の評価とは異なるものがあったのだと思います。

今の日本国内だけを見ていると、なぜか“日本はダメ。。なのでは?”という不安な気持ちを持つ人が少なくないと気になります。自分たちのことをもっと知り、日本の作り出したものを評価する眼を持ちたいと思います。外国人によって、日本文化の価値を評価されて初めて気がつくということも少なくありません。

このような、異なる視点で日本人や日本文化を見直すことも、D&Iという観点から大切なことだと痛感するこの頃です。一つの価値観でものを評価する、判断することは見失うものも多く、Inclusionという視点を持つことが価値あるものを活かすことにつながると思います。

なお、ボストン美術館展で展示されている作品には、東大寺にあった奈良時代の仏教画、平安時代のもの、絵巻物など超一流の作品ばかりです。東京では6月10日まで、そのあと名古屋、福岡、大阪で展示される予定です。
| Maki | 最新D&I情報 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
Event Report 4.23 “GEWEL Entrepreneurs”

Launch Event for “GEWEL Entrepreneurs”
Michiko Sugita, Director, NPO GEWEL  

We launched our 1st GEWEL Entrepreneurs get-together event on April 23, 2012, at Egg Japan , situated on the 10th floor of the Shin-Marunouchi Building. We had 75 attendees, exceeding our target of 60, and it was a truly diverse mix, including 18 non-Japanese. Also, more than half of the participants were men, unprecedented for a GEWEL event in which typically, the great majority of the attendees are women. Although entrepreneurship is picking up speed in Japan and there are now quite a number of entrepreneurs’ groups, GEWEL Entrepreneurs will hold a unique position in that we target the creation of a platform where entrepreneurs engaging in global business can mix and network with female entrepreneurs and non-Japanese entrepreneurs —groups that tend to work independently but whom we believe can be true change agents for the Japanese economy through their unique perceptions. The attendees truly met the criteria, not to mention the many other participants, including government officials, university professors, bankers, investors and venture capitalists. Their varied participations truly were a nice surprise and a huge bonus. For the growth of true entrepreneurship, an ecosystem with many supporters in finance, the consulting world, and government, to name a few, is crucial, and we need more of that in Japan.

After the introduction of our NPO GEWEL and an explanation of our directors’ decision to launch GEWEL Entrepreneurs, our supporters spoke on what they do and why they care about what we are trying to accomplish together. Although their main job title is as shown with each picture below, many of them hold multiple roles in different organizations, practicing D&I (Diversity and Inclusion which is what GEWEL does) daily. For those who are interested in looking closely to what they do, please refer to their websites.

  
Mr. Katsunori Tanaka, Managing Partner, Supporting Unit for Creating New Business
Area Brand Management Dept., Mitsubishi Estate Co., Ltd.  http://www.tokyo21c-club.com/open/english/index_f.html


Ms. Yukiko Hirai, Representative Director, Self Wing
 (http://www.selfwing.co.jp/, http://www.future-labo.jp/)


Ms. Kyoko Spector, Representative Director, Spector Communications (http://www.spector.co.jp/company_en.html)


Andrew Silberman , President, AMT group (http://www.amt-group.com)



Presentations and networking

For future events, we are planning study groups and seminars focusing on certain topics, which we will crystallize after getting feedback from the attendees through our questionnaire. Our next GEWEL Entrepreneurs event is scheduled to be on Thursday, July 19th, 2012, and we welcome all who are interested!

End
| Maki | D&Iイベント報告 | 14:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
NPO法人GEWEL
ヨーロッパ企業のD&I

基本に戻る(Back to Basics!)
−ヨーロッパ企業の視点 Global Diversityに関するウェブナーから−

藤井 幸子

International Society of Diversity Inclusion Professionalsという団体が一昨年発足し、毎月Webによるセミナーを開催しています。4月18日は、European Diversity Resource & ConclusionのMichael Stuberさんの講演でしたので、シェアしたいと思います。

私たちはどちらかというとUSからの情報を得ていることが多いのではないでしょうか。ヨーロッパは、もともと多様な国々や民族が同じテーブルについて、様々な議論をする文化があり、多様な状況に対する違和感はないとのことです。これがD&Iの視点から見るヨーロッパ企業の強みであるとStuberさんは言います。
 
Global Diversityで重要な問題は
^曚覆詈顕宗⊆匆顱∨[А⊃邑構成の違い 
US、ヨーロッパ、アフリカ、アジアパシフィック、ラテンアメリカの開発フェーズの違い 
4覿般仁瓠地域の責任範囲、ローカルでの具体策

実行上の課題は
ー分自身に対する客観性および他人に対する認識を持っているか? 
⊆蠱覆篌蟒隋△修離皀妊襦言語が普遍的に使えるものかどうか? 
0豐喟と概念に合わせる自由度が(ローカルの子会社に)あるか?
 

DiversityをGlobalに売り込むには
〆禿戰咼献優好院璽垢鮃佑┐襪海
(Diversityがもたらすビジネス上の利点を再考する)
企業戦略として、なぜD&Iが自社にとって必要なのか?を腑に落とすこと
 もしD&Iを無視した場合のコストはどのくらいになるかなど
Globalで矛盾がないこと。および地域性を考慮できる余地を残すこと
ぅ灰潺絅縫院璽轡腑鵐瓮奪察璽犬漏凌に満ちたもので、明確であること


下記に示す、Diversity Wheelはよくある図ですが、ホイールの真ん中に、“自分”があるというのは、これまでに見たことがない点です。「D&Iの基本は自己認識であり、自分自身の中の多様性を客観視できること」を視覚的に納得しました。


また、「地域(US、ヨーロッパ、アジア)ごとに、法的事情、文化・社会的事情、ビジネス上の事情における、D&Iに対する相対的位置づけ(重要度が)異なることも考慮する必要がある」というコメントは非常に興味深いものでした。
アジアでは、文化・社会的事情におけるD&Iの重要性は、EUやUSとは異なるとのこと。(この点はもっと詳細なレポートを聞いてみたいと思います)

最後に、Stuberさんはまとめとして、「Global Diversityを始めるのは容易だが、それを実行することは困難を伴う」と言います。まったくその通りだと、納得しました。

参考までに、
European Diversity Research & Consultingが、『Diversityのもたらす経済的効果(The International Business Case Report)』というレポートを発行しています。(2006、2009、2012年)
Press releaseによると、
・153の多国籍企業の中でDiversityと男女機会均等が平均以上に具体的に進んでいる企業では、従業員一人あたりの売り上げが約6万ユーロ増加している。
・投資家は女性をボードメンバーに入れている企業に好意的である。
・D&Iのもたらす潜在的伸びは、本来的な意味の戦略的D&Iが実行されたときに初めて発揮できる
などとなっています。ご興味ある方はぜひご覧ください。

http://www.european-diversity.com/resouces

 
| Maki | 最新D&I情報 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
GEWEL Entrepreneurs レポート

第1回 “GEWEL Entrepreneurs” (Launch Event)開催しました!
藤井 幸子 

4月23日、GEWELとして起業家の方を対象とした、プログラムを展開するに当たり、初めてのイベントを実施しました。
グローバル化は日本社会にも変化をもたらしています。そんな中で起業家精神を考えるときに、自立、リーダーシップ、リスクをとる、革新的、などいろいろなキーワードが考えられます。ある意味ではリーダーシップを具体化している人達だと考えます。Globalな視野にたつ起業家精神を広めることを目的として、起業家(これから起業しようと考えている方)向けの活動も必要だと考えております。
第1回目として、当日の参加者は全部で75名(本当に多様な背景をお持ちの方が参加されていました)、起業された方、起業家のインキュベーション的役割の方をゲストスピーカーに迎え、ネットワーキングも兼ねた会を企画しました。GEWEL理事のシンハ、杉田から今後の提供プログラムの概要を説明し、ゲストスピーカーの方は新丸ビルにある日本創生ビレッジの責任者である田中克徳氏(三菱地所(株) 街ブランド企画部新事業創造支援ユニット)、子供向け起業塾をglobal/日本で展開しておられる平井由紀子氏((株)セルフウィング 代表取締役)、ご自身が起業するに至ったストーリーを話された京子スペクター氏(スペクター・コミュニケーションズ 代表取締役)、起業家に求められる3つのC とは?についてAndrew Silberman氏(AMT group代表)でした。最後は参加された皆さんが、終了時間過ぎまで熱気の入ったネットワーキングで交流されていました。

杉田 典子

2012年4月23日(月)新丸の内ビルの10Fにある日本創生ビレッジ(Egg Japan )にてGEWELの起業家セグメントのlaunch eventを開催致しました。
当初は60名の定員のところ、75名の方にご来場頂き、また、その内18名は外国籍の方で、更に半数以上が男性と、普段のGEWELのイベントとは少し違った参加者の様相でした。起業家機運が盛り上がる中で、さまざまな起業家団体が存在しますが、GEWEL Entrepreneursが他の起業家団体と違う点は、女性起業家+外国人起業家+グローバルビジネスに携わる起業家達が集い、互いが持っている情報共有をするプラットフォームであるという部分です。今回は正にこの趣旨にぴったりの集まりとなりました。
当日のプログラムはGEWEL理事によるNPO GEWEL及びGEWEL Entrepreneursの紹介の後、このlaunch eventや今後の活動をサポーターとして一緒に盛り立てて頂く方々からご挨拶を頂戴しました。それぞれのメーンの肩書きは写真に添えられている通りですが、皆様その他にも数々の役割を同時にこなされている、まさに常日頃からD&Iを自然に実践されている方々です。ご興味のある方はそれぞれのHPにてご確認ください。
  
 三菱地所(株)街ブランド企画部新事業創造支援ユニットマネージングパートナー 田中 克徳氏

(株)セルフウィング 代表取締役 平井由紀子氏 ( http://www.future-labo.jp/)

 スペクター・コミュニケーションズ 代表取締役 京子スペクター氏

President, AMT group Andrew Silberman氏

堀氏  シンハ氏 

  
 その他、プレゼンテーション風景、ネットワーキング風景

今後の活動内容は、テーマ別の勉強会やセミナー等の企画をする予定ですが、参加者の方々へのアンケートを元に、フィードバックを生かしながら内容を決めていきたいと思います。

次回は7月19日(木)に予定しておりますので、まだ起業されていない方も、起業するかどうかまだ分からない方も、内容にご興味あれば是非ご参加下さい。

| Maki | D&Iイベント報告 | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2012 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE