Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
ケアに関する考え方 日本と英国との違い

日本とイギリスで異なる看護に対する患者さんの考え
(これもDiversity&Inclusionと大いにかかわることです)
by 藤井 幸子

ロンドンで看護師をしている人から、看護をうける患者さんの考えが、
日本と違うことで大いなる気づきがあったという話を聴きました。

日本で看護師をしていた彼女がロンドンで仕事を始めたばかりのころ、日本の患者さんに接するように、できるだけ丁寧にケアをしたところ、患者さんから「ここまでされると、ハラスメントだ!」と言われて、びっくりしたそうです。

患者さんにしてみれば、自分でできることまで看護師にやってもらうことはない。「あなたは私にはできないと思っている。私はそれくらいのことは自分でできるのに。あなたは私の尊厳を奪っている。それはハラスメントである」という意味のことを言われたそうです。

日本の看護の仕方に慣れていた彼女はそれ以来、やりすぎないように、患者さんの能力があるところには、特別なケアをしないように、気をつけているそうです。病気になって、自立した自分を認められないと、患者さんは人間として落ち込むということなのでしょうか?「親切な看護と、できる能力を生かして看護にあたることは別物だ」と考える様になったそうです。これもD&Iの一つだと感じました。育った環境、文化が異なることで、患者さんの求めるケアがこんなにも違うということですね。

私自身も、相手の身になって考えることが、ある意味でやりすぎになり、その人の尊厳を奪うことにならないか?考えて行動したいと思います。

被災された方に対する考えも、その人たちの尊厳を認めつつ、どんなサポートが可能なのか?長期に渡る復興計画の中で、考えていきたいと思います。
| Maki | - | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
GEWELセミナー レポート 21世紀リーダーに求められる資質

7月22日、六本木ミッドタウンカンファレンスRoom7にて、10月28日の3Cシンポジウムに先立ち、「21世紀リーダーに求められる資質とは?」をテーマにしたGEWELセミナーを開催いたしました。



まず前半は、ロサンジェルスのNPO GOLD代表建部博子氏の講演で始まりました。今、私たちに最も必要とされているリーダーの資質、3C(創造力、協働力、人脈構築力)について、グローバルな調査データをもとに、グローバルな流れのなかで日本のリーダーも変わらなくてはならないと説得力あるお話でした。行動するリーダーの必要性とグローバルリーダーの具体的イメージができたと大変高い評価をいただきました。

また、後半はアクセンチュアのパートナー吉田尚江様を招いたGEWEL理事とのパネルディスカッションを行いました。パネルにはGEWEL理事のアキレス美知子氏とスィンハ・サンジーブ氏、モデレーターは本井稚恵氏でした。
マネージングとリーディングの違いについての具体的な例やGEWELの考えるD&Iリーダーについてなど、身近な例をわかりやすく提示してもらえ、頭の整理ができたとほとんどの参加者から「とても参考になった」という声をいただきました。

最後は、ネットワーキングです。建部氏の「人脈は自らつくっていく貴重な資産である」との言葉もあり、積極的にD&I関連のさまざまな課題や取り組んでいることなど個々に情報交換するホットな場となりました。

3Cシンポジウムについてはこちら

参加者からグローバルな視点でのお話が好評だった建部博子さんのスピーチを動画でご覧ください。

【スピーチ】
http://www.youtube.com/watch?v=ZJuYXq3Md6A
| Maki | D&Iイベント報告 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
GSW Initiative KOREAN-JAPAN "Women Help Women"

Informal Press Conference and Strategy Meeting of GSW Initiative Korea-Japan, Women Help Women
by Ann Sado

On July 8, 2011 from 10 a.m. an informal press conference followed by a strategy meeting was held at the Korean Embassy with a group of South Korean female business leaders and entrepreneurs, who came to provide support for women and children in the Tohoku region hit by the March 11th earthquake and tsunami.



The aid will be in monetary donation of 100,000 US dollars and 150,000 US dollars worth of goods for this year and the first 50,000 US dollars will be transmitted to the GSW Initiative Japan account following upon the opening of the bank account in Tokyo. The goods will also be sent as soon as recipient organization is found to make sure the delivery of the goods will be made to the most needed areas in Tohoku. The remaining amount of donation and goods will be brought in late November this year with the mission to visit the devastated zone. Basic necessities, summer clothing, and other
items were considered to be shipped.

The delegation of 10 members from Korea had 2 doctors who would be giving psychological care to women who suffered shock and depression and business advice to women who may be recovering their business or wanting to start up new businesses. Other leaders represented fields of coaching, art/culture, Asian women entrepreneurship, and women who had served as soldiers, as well as staff of Sungjoo Group and
MCM Japan. The mission will cover a 5 year span to make sure the objectives of Women Help Women will be achieved.

The delegation was headed by the Chief Visionary Officer of Sungjoo Group and MCM worldwide, Ms. Sung-joo Kim, who is also one of the key, active International Planning Committee members of the Global Summit of Women (GSW) headed by Ms. Irene Natividad in Washington D.C., USA.

Ms. Kim felt that such small steps one at a time with women holding hands together to move forward will also help to overcome the tragic history between the two nations. She strongly felt that when women felthappy and healthy, their family members would also be happy and healthy, explaining the reason why the support was focused on women and children.

To support these objectives, GSW Initiative Japan was established with a diverse and inclusive group of members for the Japan team led by Ann Sado, Japanese-American 3rd generation of A to Z Sado Enterprises Ltd. and former co-founder of NPO GEWEL in 2004 but currently serving as advisor. As a veteran participant of GSW for 11 years as a panelist or moderator, she is committed like Ms. Sung-Joo Kim in bringing economic self-independence and advancement of women's status globally, but especially in Japan where the percentage of women on the Board of Directors in major companies is still 1.4%. Recommendations for candidate recipients of this monetary donation from GSW Initiative Korea, WHW, were provided.



She chose experts in disaster relief work such as Mr. Carlos Miranda Levy from the Dominican Republic, who
had served in the relief activities of Haiti and Katrina disasters, as one of the team members, who had already been here to provide relief work in Tohoku. On his Relief 2.0 team, executive director of British Chamber of Commerce, Ms. Lori Henderson, co-founder/director/secretary general of IMPACT Japan Foundation,
Ms. Haruko Nishida, and Mr. Damian Penstone, partner of Propel Consulting were also present to give comments and advice after working in Ishinomaki. She also worked closely with the president of NPO KIFA, Ms. Narikou Kaneshiro, a Korean resident living in Japan for a long time, bridging the two cultures of Japan and Korea and regular participant of GSW. Also a young political female leader from the Liberal Democratic Party, Karen Makishima, who headed the 17th district of Kanagawa Prefecture, also assisted as she had attended the GSW in Istanbul, Turkey for the first time and realized the importance of GSW's mission. Also from NPO GEWEL, Ms. Michiko Sugita and Ms. Chie Motoi, newly elected directors joined in the support, along with Ms. Maki Sasaki,secretary general. Other organizations such as HealAction of Ms. Junko Kim, Peace Boat of Mr. Yoshioka Tatsuya, Living Dreams Japan of Mr. Patrick Newell supporting 18 orphanages in Tohoku and Kanto, Athlemedia of Mr. Kei Itoh,and Inter-America Development Bank of Ms. Ada Diaz Duque were also there to provide pertinent information or comments to assist the Korean side.

*From the informal press conference, two news article coverage followed as below in Japan and one in Korea.
The Japan Times
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20110709b2.html

Chuo Nippou Shahttp://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2011071200200093019&linkid=4&newssetid=1352
| Maki | その他 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
被災地支援活動 “Women Help Women”

GSW Initiative “WOMEN HELP WOMEN”について

Global Summit of Womenの活動の一つとして、東日本大震災で被災された女性や子どもたちをサポートしていこう、という動きが始まりました。

3.11の被災を聞き、GSWの国際委員会の委員である韓国の実業家 Sung Joo Kimさんが、即座にサポートを申し出ていました。この度、韓国の女性起業家や女性医師たちと共に、7月8日来日し、今後どんなサポートが必要かを関係者や支援専門家たちとワークショップを持ち、被災地の、特に女性起業家へ継続的サポートをしていきたいというプランを話し合いました。



そのサポートの一環として、まず10万ドルの寄付と15万ドル相当の物資支援を申し出ています。この受け皿はGSW Initiative Japanが受け持ち、関係者と連絡を取り、被災された女性や子供たちのため、最も有効に活かせるよう調整を取ることになりました。

韓国代表団のメンバーの女性医師は、被災された方たちのメンタルケアが大切であることを強調していますし、起業家の方たちは事業を復興するためのビジネスアドバイスやさまざまなビジネスコラボレーションを考えています。また、女性だけではなく被災によって親を失った子供たちへの支援も活動に含まれます。韓国からの女性代表団の人たちは、小さな歩みでも、確実にかつ継続的にサポートを続け、女性たちの自立に役に立ちたいと述べています。



GSW Initiative JapanはGEWELのアドバイザーである、アン佐渡さんがリーダーとなり、多様な人たちがメンバーになっています。災害コンサルタントのカルロス・ミランダさんは、すでにReilief 2.0チームを立ち上げ、東北での被災された方へのサポート活動を行っている人です。ほかにもBritish Chamber of Commerceの専務理事ロリ・ヘンダーソンさん、IMPACT foundation Japanの事務局長西田治子さん、在日韓国人の女性起業家の金城成行さん、政治家牧島かれんさん、ピースボートの吉岡達也さんなど、現地での活動を支援している多くの専門家の方々とともに様々な視点で、5年間にわたる、このGSW Initiativeに関わっていくことになります。

*その様子は下記に掲載されました。
The Japan Times
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20110709b2.html

Chuo Nippou Shahttp://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2011071200200093019&linkid=4&newssetid=1352
| Maki | その他 | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2011 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE