Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
本音で語ろうWS 大震災で感じたこと リーダーシップ

東日本大震災で感じたこと2、D&Iで組織の変化対応能力を高める時本音で語ろうDiversity & Inclusion workshopより

4月13日D&Iワークショップ“本音で語ろうD&I”を開催し、「東日本大震災でD&Iについて感じたこと、考えたこと“価値観の変化”と”リーダーシップ”」をテーマに話し合いました。

未曾有の被害を生んでいる東日本大震災。一口には語れないさまざまな体験から、多くの気付きがありました。ワークショップでは、ワールドカフェ方式で、本音で心に残る思いを口にし、今D&Iがなぜ必要なのかを語り合いました。参加者の了解を得て、ワークショップで出た意見をシェアしたいと思います。



テーマ:政府や企業の対応を見聞きして、D&I的リーダーシップを実践していると感じた例(もしくは逆の例)がありましたか?

東電の正社員と非正規社員(協力会社、下請け会社の社員)の差別はD&I的に問題ではないか?

原発の推進が経済産業省、政治家、電力会社の三者間だけで行われてきたことに問題がある。安全神話を作り、推進した結果、本来はリスクを伴うものでありながら、そこを見せないようにしてきた、これまでの過去の歴史も我々は知るべきでは?(これまで知らなかったことが、我々の生活にこんなに影響を与えるとは考えてもみなかった)。

リーダー不在について

・海外メディアに対する情報発信に問題がある。外国でこの度の震災が東京でも同じように起きていると思われたこと。原発事故についての情報開示が場当たり的で、判断しにくいことばかりだった。その結果、外国の大使館の対応として、日本を出国した外国人が多かった(そこにも多様な背景がある)。また、成田着の飛行機が、ソウルやシンガポールなどで、外国人クルーから日本人クルーに交代して、かつ関空に着陸する例が多々あった。

会社でのこと。責任者が大事な日に海外逃亡した。当日夜にでも出発すればよかったのに。今後日本人社員からの信頼は?だと思う。でも本人には言わない日本人)。

外国人が日本に滞在しにくい状況を作ってしまった。これは日本政府のリーダーシップに問題があるのでは?

(同様なことがあなたの国で起きたら?という質問に対して)詳細がわかるような情報を流す。コミュニティの中では好き嫌いを別にして、助けあう。

自分の国では基本的に権力を持つ人の言うことは信用しない

危機管理の際のリーダーシップに問題ありだと思う。

(政治家は)折角リーダーシップを発揮できるいい機会なのに、リーダーが不在で残念だ。

分かりにくい。リーダーはコミュニケーションするときに、物事をわかりやすく説明できることが求められる。

・被災地のリーダーに女性の視点が入ればもっと良くなると思う。

私たちは今こそ、Diversity & Inclusionのもたらす価値が、変化への組織の対応能力であることを認識し、行動を起こすべき時だ。

企業のリーダーシップについて

・ソニーのような大企業が3億寄付と先に言ったら、同程度の会社は右へ倣えだった。孫さん、柳井さんの寄付額はダントツの金額。大企業の経営者や政治家が超法規的に寄付をすることも考えたらどうか?

・ローソンの新波社長はいち早く京都の工場でおにぎりを作り、運ぶ手段に困って、自衛隊を動かした(前例にならっていたらありえない話)。

・伊藤園は地震発生後3日で60万本のペットボトルを被災地に提供。これは水が人間が生きる上で必須のものだから、非常時には救援物資になるもの、その時には現場の社員の判断で在庫を救援物資として直ちに提供するように日頃から社員教育をしているとのこと。その後本社からも追加支援で計100万本を支援物資として被災地へ運んだとのことです。これも社員を信頼して、現場対応の裁量権を与えているリーダーがいるということ

ダイバーシティ&インクルージョンを実践している組織であれば、想定外のことに対しても対応できることができると思う。
今回学識経験者、専門家といわれる人たちから想定外だから仕方がない。。というコメントを多く聞きました。一方科学者がそんなことでいいのか?そして、エネルギーを使うには覚悟がいるものだというノーベル賞受賞者の益川さんのコメントがあった。

| Maki | D&Iイベント報告 | 00:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
GEWEL history 2 2005〜2010

GEWEL History from the Viewpoints of Co-Founder(2005〜)By Ann Sado

We were consequently able to stage the first symposium promoting Diversity Management in 2006 with guest speakers such as Dr. Price Cobbs, leading Diversity Management expert, Ms. Melanie Harrington, executive director of AIMD (American Institute for Managing
Diversity, Inc. of Dr. Roosevelt Thomas), Kay Iwata, founder/president of K. Iwata & Associates,



and other Japanese speakers as Ms. Mitsu Kimata, president of NPO JKSK,
Mr. Masanori Kanda of ALMAC Inc., who both served as GEWEL advisors. HP's Mr. Yamada and Ms. Kawai, along with Goldman Sachs' Ms. Fukumoto participated in the panel discussion with Kay Iwata and Melanie Harrington.




Every year I was able to take more women from Japan to the Global Summit of Women. In 2007 at the Berlin Summit, I was able to have women like Ms. Yukiko Yoshimaru, Diversity Development Office head at Nissan Motor Co., Ltd. to speak about their programs/efforts on work/life balance, and in 2008 at the Hanoi Summit, Ms. Taki Fukumoto of Goldman Sachs' HR director to also speak on the panel on Work/Life Integration with ministers and corporate executives. Her appearance with her Japanese husband carrying their son in his arm changed the outlook for Japan with male involvement in childrearing.





At the Beijing Summit of 2010, Ms. Julie Hickey with support of Ms. Chie Motoi spoke of Accenture Japan's unique support program based on the age of the child and the appointment of 10 female executive partners, a true breakthrough in Japan.



From 2010 the study team at NPO GEWEL was able to offer a more comprehensive workshop on the aspect of Inclusion, a key component for Diversity Management's success, using the animation of Roosevelt Thomas Consulting & Training, "The Giraffe and Elephant Fable."
This workshop is on-going and evolving make more individuals and corporate managers/directors aware of Diversity & Inclusion!

| Maki | その他 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
D&Iを推進する多様な働き方

電力不足で見直されつつあるテレワークや在宅勤務
By 藤井 幸子

この度の東日本大震災で被災された方に、心よりお見舞いを申し上げます。

今回の大震災と原発事故という、未曾有の出来事を経験して、これまでのシステムなどが機能しないことも経験しました。我々が基本的に信じていた価値観を再認識することにもなりました。
何が一番大切か?誰を守らなければいけないのか?
避難所で何世代もの人々が、今日一日を生きるために、お互いをケアしあっています。
そして、東北地方の生産活動が、日本全体のそしてGlobalの経済にも大きな影響を持っていることを、実感しました。生活できるということは、人さまのおかげで成り立っていることを痛感する毎日です。

一方、企業では電力不足からくる、雇用や働き方への施策をいろいろ打ち出しています。これをDiversity & Inclusionを推進するためのきっかけとしてもらいたいと考えます。

DeNAというインターネット関連の企業が、被災者の生活再建支援で被災地から50名から100名をめどに雇用するということを3月末に発表しています。この会社のCEOは南場智子さんという女性起業家です。http://dena.jp/press/2011/03/post-85.php

ほかの企業でも被災された方への雇用のオファーが出てくるといいと思います。被災地では多くの会社が先の見えない中で、社員を解雇したり、休職扱いにしたりという苦渋の選択をせざるを得ないというニュースを聞いています。私たちができることは東北の産品をできるだけ多く買うこと。生産者が不安な中でも、自分たちが作ったものを喜んで買う人がいることで、少しでもポジティブな気持ちになれるようにすることではないでしょうか?

また、いろいろな企業で3.11の地震による通勤難民が多くでたこと、かつ計画節電で通勤の足が不確実なこと、夏場の電力不足に備えてという理由で、在宅勤務、サマータイムなどを導入することを発表しています。これを機会に、多様な働き方の施策の中で、本来的な意味でのその有用性を認識して、このような働き方が常態化するといいと思います。

ここで、テレワークの本来の意味を考えてみて頂きたいと思います。
.泪諭璽献瓮鵐肇好織ぅ襪変わる:目の前にいないとヒトを管理できないというマネージメントスタイルから、異なるマネージメントスタイルを実践できる管理職を育成する。

∈濛雍侈海覇瑛佑寮果を出せるようにするための、タイムマネージメントを身に着ける。

D牟个了間と体力を、これからの自分の人生のために、自己成長のために使うなど。

げ燭里燭瓩貌いているのか?

ゼ分の人生は会社だけではないことを認識する。家族やコミュニティのつながりに気づくこと。

テレワークの本来的な意味とは別の理由で導入する(節電の為など)場合であっても、是非以下の項目で、その効果を測定してみてください。

ー勸の満足度の向上
∋纏のやり方の変化(優先順位に基づく仕事の仕方ができるようになった)
0柄阿茲蠧盈修箸離灰潺絅縫院璽轡腑鵑鯊臉擇砲垢襪茲Δ砲覆辰燭覆鼻

節電が解消されたら元に戻ることがないように、多様な働き方が定着することを期待したいと思います。
| Maki | 最新D&I情報 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
本音で語ろうWS 東日本大震災で気付いたこと

ひとりひとりの東日本大震災 今こそD&Iが必要とされる時
4月13日D&Iワークショップ“本音で語ろうD&I”を開催しました。
今回のテーマは「東日本大震災でD&Iについて感じたこと、考えたこと“価値観の変化”と”リーダーシップ”」です。

未曾有の被害を生み拡大している東日本大震災。家族の安否がわからず不安の中にいたり、自分の無力感をひしひしと感じていたり、あまり知られていない被災地域を支援していたり、あっという間にスーパーから食品や飲料水が消えたことなど、一口には語れないさまざまな体験から、多くの気付きがありました。WSでは、本音で心に残る思いを口にし、今D&Iがなぜ必要なのかを語り合いました。



今回は、ワールドカフェ方式で2つのテーマに関する話を2時間かけて参加者同士でたっぷり聴いて、話しました。
「いままでの継続はあり得ない。これからの日本にはD&I的なリーダーが不可欠」、また「日本にはまだ眠れる資源がある。それはD&Iで人を最大限に生かすこと」という力強い意見も出て、参加者は大いに励まされました。
参加者の了解を得て、ワークショップで出た意見をシェアしたいと思います。

震災体験からの経験、学び:

人とのつながり・絆を生むD&I
それまで、隣近所と話をしたことがなかったが、地震という共有の経験を通して、隣近所と話をするようになった。特にとなりの一人暮らしのおばあさんが、声をかけられてとても喜んでくれて、、良いコミュニケーションができるようになった。

・若い人や子どもたちが、積極的に高齢者を助けて、声をかけているのを見て希望が持てた。

通勤難民や外国人の強制帰国などの経験を通して、一人一人が抱えている状況が異なることを体験した。(家族を思って何時間も歩いて帰った人。外国人で地震に対する耐性が全くないため帰国した人。海外に住む家族が状況がわからず、とにかく帰って安心させる必要があったなど)。

究極の状態にいる人たちが、今日一日を生きるために、他人とのテンションさえ感じる余裕がないなかで、それでも他人をケアしていることに感動。

・やはり、家族を大切に生きていきたいと思った。

・都会にはない、東北には昔ながらのコミュニティが残っていたことがよかった。みなが声を掛け合っている。

ダイバーシティ理解の重要性
・世界的な企業の生産に影響を及ぼしているのを見て、改めて日本(特に東北地方)の中小企業の力のすごさに注目した。

・情報が歪曲化されている。特に海外に発信されている情報が誤解を生んでいる。

・安全で大きな変化が起きるとは想定していなかった多くの日本人がどうしたらいいのか混乱している。これまでのシステムやプロセスは機能しなくなっている。だからこそさまざまな視点の意見を聞き、決断をするというD&Iを実践できるリーダーが必要だ。

・共感することの大切さとともに、思いこみや過度の配慮が自粛につながる。
画一化された報道により、異なる言動や意見を排除するようなNationalismに移行する恐れを感じる。

新たな社会づくりの原動力としてのD&I

・これから新しい社会を創造していく。
・一色に染めたがるカルチャーやエスタブリッシュな硬直した組織の崩壊。
私たちは今こそ、Diversity & Inclusionのもたらす価値が、変化への組織の対応能力であることを認識し、行動を起こすべき時だ。
・日本にはまだ眠っている資源がある。地震の翌日にも変わらず仕事に取りかかる多くの人をみた。こういう忍耐強く努力する人々がそう。この力をダイバーシティを正しく理解して、生かすことがもっとも重要な課題だ。
(次回につづく)
| Maki | D&Iイベント報告 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
GEWEL history 1 2001〜2004

GEWEL History from the Viewpoints of Co-Founder(2001〜2004)By Ann Sado

Stepping down from Vice President of NPO GEWEL to Advisor in order to pass the baton down to the younger generations with gratitude to all who supported NPO GEWEL since 2003!

Today on April Fool's Day, 3 weeks have passed since the 3.11 Tsunami/Earthquake/Nuclear Radiation Disaster.
My heart is heavy for all the lost lives and those who suffered unbelievable devastation forcing many to live in evacuation centers. One of my dear friends from the time I arrived in Japan to study at Waseda University in 1970 was one of those who had evacuated.

However, she sent good news that she and her spouse returned to their home on the hills of Iwaki, Fukushima. I am concerned for the safety of their health but amazed at their courage to continue finding a way back to normalcy! I pray fervently for the resolution of the nuclear radiation and for the brave men battling to stop the meltdown.
* * * * *
All this takes me back to 2001. I remember vividly attending the Global Summit of Women right after the 9.11 in Hong Kong to participate as a moderator for a panel of entrepreneurs. My UA flight was cancelled but I managed to switch to Cathay Pacific and got there on time. About 550 women leaders were expected.

When I arrived, I thought only about 100 or 200 would be attending, but lo and behold, over 500 women were already there. I was truly impressed with the commitment of these women leaders.



Two Algerian female leaders could not get the flight out to Hong Kong but they arrived on the 3rd day of the Summit. My heart
burst with pride, and all 500 or more women stood up to give standing ovation to these two ladies who had weathered all sorts
of obstacles to attend. Their commitment, perseverance, and determination were greatly respected and integrated into the heart of each attendant.

After this experience, it became the motivation for me to find like-minded partners among women in Japan to create a space for each of the ladies to fully express their potential and to assist in empowering more women to realize their greatness as with the Global Summit of Women.

With Maki Sasaki, we had organized a trip to study women's leadership in Korea with Professor Kanatani of the Women and Work Research Institute. I was fortunate through my Zonta Club of Tokyo III under Zonta International, District 26 to find the connection to meet with Ms. Yunsook Lee, who was a minister of the Women's Affairs at that time and also had served as the Governor of Zonta International, District 26 for Korea, Japan, and Taiwan.

For this study group, Maki Kimura also accompanied as a reporter of Jiji Press. Both Maki Sasaki and Maki Kimura decided to join my efforts to create an NPO to support more women to be empowered.

Through Maki Sasaki, I was introduced to Kimiko Horii and Hitomi Konishi, who were also looking to found an organization to empower women while they assisted at Women and Work Research Institute. After meeting them, we all decided to work together and came up with the naming of GEWEL, Global Enhancement of Women's Executive Leadership, and other directors were approached.



Hiroko Tatebe, who was also inquiring at Women and Work Research Institute, decided to join forces with us. With incredible speed, our organization had begun to shape in July of 2003, and our NPO proposal was registered with the Tokyo Metropolitan Government in September of 2003. With record speed of 3 months, we were registered in January 2004 and off to a great start to focus our energy on training women in all skills that would raise their self-esteem and encourage them to break the glass ceiling at every level of the corporate management. Also we had the support of various advisors abroad like Ms. Yunsook Lee and in Japan as Ms. Mitsu Kimata, Ms. Merle Okawara, Ms. Sakie Fukushima, Mr. Takashi Kiuchi, and others.



*Create Your Own Brand in Los Angeles,California
*Global Summit of Women 2003 in Marrakeck,Morocco
*Global Summit of Women 2004 in Seoul, Korea

We added along our evolving journey not only Jack Canfield's "Peak Performance" and "Success Through Action and Responsibility" workshops, but in 2004 through my association with the Asian Pacific American Women's Leadership Institute (APAWLI), we were able to have Kay Iwata, consultant of diversity management and good friend of Adrienne Pon, one of GEWEL's advisors and on the Board of Trustees for APAWLI, to come to Japan and walk us through the Diversity Management principles she consulted and trained in many Fortune 500 companies. We also took over 30 some Japanese female leaders to the Global Summit of Women 2004 in Seoul, Korea.

To continue with next edition (2004-2011) ...
| Maki | その他 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
GEWEL代表理事就任のご挨拶

就任のご挨拶
by 藤井 幸子

3月11日の東北地方を襲った地震、津波、そして今も続く原発事故に被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。いま、私たちができることは?を常に意識するこの頃です。

GEWELをご支援していただいている皆さまへ


GEWELも発足より8年目に入り、一つの節目を迎えました。これまで多大なご支援をいただきました皆さまに、改めて感謝申し上げます。

さて、7年間の活動成果を活かしつつも、新たなビジョン達成にむけてGEWEL自身も変革を進める必要があります。そこで、人心一新の一環として、代表の交代を決定いたしましたので、ここにお知らせいたします。

これまで代表、副代表を務めてきた堀井さん、佐渡アンさんは、3月末日をもって退任いたしました。お二人はGEWEL創立のコアメンバーであり、7年間に渡って素晴らしい成果をあげ、D&IのパイオニアとしてのGEWELの地位を確立してこられました。今後はアドバイザーという形で、引き続きGEWELを応援していただきます。

新代表には、これまで理事を務めた藤井幸子が就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。藤井の他にも経験豊富で多様なバックグラウンドをもった理事が内定しており、GEWELの新たな出発に向けて活発な議論を始めています。4月中には具体的な体制や計画を策定し、準備期間を経て、7月1日にプレスリリースやHPを通じて正式発表する予定です。

未曾有の大災害で、皆さまご自身や組織は大変な状況だとお察しいたします。心よりお見舞い申し上げます。
また、この未曽有の災害により、日本社会でひととのかかわりが、どんなに大切かを実感した人も多いことでしょう。そして、「誰かのためなら、ひとは頑張れる」こと。子供たちも、自分たちの役割を果たそうとしているし、命の大切さ、普通の生活がどんなにありがたいことか、と実感されている方も多いと思います。また海外の方が日本に対する考え方を、変えることにもなったと思います。
これまで、当たり前と思っていたことがもろくも崩れ、これまで基準としてきたものとは異なることに価値を感じる人が増えてくると思います。

このようなときこそ、新しいタイプのリーダーシップが求められています。
そして今こそ、復興に向けてDiversity & Inclusionの考え方をいかに活かしていくのかが問われています。新GEWELはこの部分に、よりフォーカスしていきたいと考えております。

これまで以上に皆さまのお役にたてるよう、決意を新たにGEWELは前進してまいります。
皆さまにはぜひ引き続きご支援していただくよう、お願い申し上げます。

NPO法人GEWEL代表理事
藤井 幸子

| Maki | 最新D&I情報 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2011 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE