Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
“ひとが大切” これが前提のD&Iです。

改めてダイバーシティ&インクルージョンとは?
By 藤井幸子

わたし達の幸福感はどこからくるのか?を考えると成功者、年齢、地位に関係なく、案外とシンプルなことが共通点だと。先日参加したフォーラムで宗教研究者が述べられていました。人とのつながり(家族、親族、友人、コミュニティ)、誰かの役に立てることなどで、地位や金であることは多くない。ということでした。

ダイバーシティ&インクルージョンのゴールは最終的にはその構成員が幸福感をもって、組織の目標達成に貢献でき、活き活きと暮らせること。と理解できます。
ここで、“ひとが大切である”ということを前提に考えないと、ダイバーシティ&インクルージョンは、建前に終わるのではないか?
“ひとは使い捨て”と考えていたらダイバーシティ&インクルージョンはありえないのではないか?と考えるようになりました(当たり前の話ですが)。
“自分の存在が大切”、だから“他人の存在も大切”なのではないでしょうか?

先日参加したフォーラムで、“日本人の傾向として建前と本音で生きていて、最近は特に人にうけ入れられようとするあまり、建前の部分が多くなり、本音で自分らしくいられることが少ないのではないか?それゆえにメンタル面での問題が増えているのでは?”ということが懸念されるという意見が出されました。

組織におけるダイバーシティ&インクルージョンは関わる人々が多様性による違和感や、戸惑いなども含めて、折り合いをつけ、自分らしさを保ちつつ(自分の強みを発揮できて)、組織へ貢献できるとそのダイナミックさを楽しめることにつながると考えられます。ダイバーシティ&インクルージョンのダイナミックさとは一人ではできないようなことが、多様なほかの人の強みや、異なる視点から、革新的なアイデアが出てきたり、それが実行できたときなどに、そのすばらしさを発揮するものです。

勿論、ここでその貢献を認めることや、人の心をモティベーションできる、いわゆるwalk the talkしているインクルーシブなリーダーシップが発揮される必要があります。このような組織で人とのかかわりや、自分が他人の役に立ったという満足感を得られる職場風土や、さらにチャレンジしようという良い循環を繰り返すことにより、お互いに成長し、組織としても持続的な成長につながるものだと考えられます。
| Maki | Inclusion Study Team | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
"本音で語ろう D&I ” 第2回のご案内

"本音で語ろう D&I 第2回” 開催いたします。

D&Iについて関心があるけれど・・・というみなさま、参加なさいませんか。
各回、テーマを決めてグループで話し合い、お互いの理解を深めたり、
学びあう機会です。
一人ひとりの学びが、小さな行動になって、あちこちにD&Iの輪が広がっていくことを願っています。

テーマ 1.Inclusionの意味は?
  調査結果からインクルージョンに関わる部分を再度説明
  実際には、どうやったら異なるものを持つ人とうまくやれるのでしょうか?
 具体的な例について。相手を受け入れて折り合いをつけるとは?
テーマ 2.日本社会でD&Iが受け入れられるには、どうしたらよいか?       

話し合いで終わらずに、これをきっかけに参加される方がご自身の生き方や行動などに反映されるようになると良いと思います。

話し合いは、ワールドカフェ方式で行います(1グループ 3-4名)


日時:6月21日(月)18時30分から20時30分
会場:表参道 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室A 
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目53?67 コスモス青山・コスモスイースト
03-5467-1711
参加費:1000円


■参加いただける方は、D&I本音トークの場参加希望と書いて
氏名、所属、連絡先(電話とメールアドレス)を
mail@gewel.orgまでお知らせください。
| Maki | - | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
速報 The DiversityInc Top 10 Companies for Global Diversity

The DiversityInc によるTop 10 Companies for Global Diversity が発表されました。

詳細は下記までどうぞ
http://www.diversityinc.com/article/7652/The-DiversityInc-Top-10-Companies-for-Global-Diversity/
The DiversityInc Top 10 Companies for Global Diversity

No. 1: IBM Corp.

Also No. 8 in the DiversityInc Top 50; No. 3 in The DiversityInc Top 10 Companies for Supplier Diversity; No. 2 in The DiversityInc Top 10 Companies for Asian Americans; No. 10 in The DiversityInc Top 10 Companies for LGBT Employees; No. 1 in The DiversityInc Top 10 Companies for People With Disabilities
Also DiversityInc's Top Company in Germany and India, IBM is a true leader in global diversity through its training, employee groups and strong cultural values across all boards.

No. 2: PricewaterhouseCoopers

Also No. 6 in the DiversityInc Top 50; No. 5 in The DiversityInc Top 10 Companies for Recruitment & Retention; No. 4 in The DiversityInc Top 10 Companies for Asian Americans; No. 2 in The DiversityInc Top 10 Companies for Executive Women; No. 4 in The DiversityInc Top 10 Companies for LGBT Employees
Also DiversityInc's Top Company in France and Malaysia, the firm is at the forefront of global awareness training and mentoring.

No. 3: Accenture

Also No. 22 in the DiversityInc Top 50
Also DiversityInc's Top Company in Australia, Accenture has made huge strides in increasing its workforce and management representation in Asia.

No. 4: KPMG

Also No. 15 in the DiversityInc Top 50; No. 6 in The DiversityInc Top 10 Companies for LGBT Employees; No. 5 in The DiversityInc Top 10 Companies for People With Disabilities
Also DiversityInc's Top Company in Canada and Sweden, KPMG has strong and focused leadership in its global diversity efforts under Lord Michael Hastings.

No. 5: Sodexo

Also No. 1 in the DiversityInc Top 50; No. 1 in The DiversityInc Top 10 Companies for Recruitment & Retention; No. 3 in The DiversityInc Top 10 Companies for Blacks; No. 2 in The DiversityInc Top 10 Companies for Latinos; No. 10 in The DiversityInc Top 10 Companies for People With Disabilities; No. 1 in The DiversityInc Top 10 Companies for Executive Women
A global leader in every way, Sodexo, also DiversityInc's Top Company in the United Kingdom, has won global contracts by demonstrating its diversity in RFPs.

No. 6: Procter & Gamble

Also No. 18 in the DiversityInc Top 50; No. 3 in The DiversityInc Top 10 Companies for People With Disabilities
DiversityInc's Top Company in Brazil and Saudi Arabia, Procter & Gamble has a global formal mentoring program that encourages cross-cultural relationships.

No. 7: Novartis AG

Named DiversityInc's Top Company for Global Cultural Competence at our special awards in November 2009, Novartis is focused very strongly on products and workforces that are relevant to its global constituency.

No. 8: American Express Co.

Also No. 12 in the DiversityInc Top 50; No. 3 in The DiversityInc Top 10 Companies for Recruitment & Retention; No. 7 in The DiversityInc Top 10 Companies for Asian Americans; No. 8 in The DiversityInc Top 10 Companies for LGBT Employees
One of the best companies at providing global work/life benefits, American Express is also at the forefront of establishing global efforts to reach new customers.

No. 9: Merck & Co.

Also No. 13 in the DiversityInc Top 50; No. 8 in The DiversityInc Top 10 Companies for Recruitment & Retention; No. 9 in The DiversityInc Top 10 Companies for People With Disabilities
DiversityInc's Top Company in China, Merck is leading the way in establishing effective and culturally competent global employee-resource groups.

No. 10: Newell Rubbermaid

DiversityInc's Top Company in Japan has global and cross-cultural mentoring.
| Maki | - | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
速報! Global Summit of Women 2010 in Beijing

NPO GEWELがグローバルパートナーとなっている、Global Summit of Women 2010 が中国北京で開催されました。

今年のテーマは” WOMEN AT THE FOREFRONT OF CHANGE”です。
場所は、中国 北京。
日程は5月20-22日の3日間です。



この世界女性サミットは、北京女性会議以降、女性が力をつけて、ビジネスや政治の分野でリーダーシップを発揮し、女性同士お互いに支援しあおうという目的で毎年世界の各都市で開催され、今年は記念すべき20回目となります。毎回世界中からの参加者が増え続け、1500人を超えるほどとなっています。



今年は、日本の緒方貞子さんがGSWアワードを受賞されることもあり、日本からの参加者も多く、GSWプランニング・コミッティーメンバーのフクシマ咲江さんや坂東真理子さんをはじめ、パネリストとして参加されるアクセンチュアから本井さん、Julieさん、岩本さんの3名、錚々たる面々の起業家のみなさん、GEWELからは分科会のモデレーターを務める佐渡アンさん、藤井幸子さんと佐々木の3名が参加し、総勢20名超の参加となりました。



また、全体ではモンゴルやUSAから100名を越す参加者があるなど、世界80カ国を超える国々からの参加者1200名強で、会場のマリオットホテルは、英語、中国語、スペイン語が飛び交う、エネルギーあふれる場となりました。世界の人々が中国に多大な関心をはらっていることを示しています。
今回は企業スポンサーも多く、グローバル企業や中国企業あわせて30社を超す勢いです。





北京人民大会堂で開かれた歓迎レセプションでは、ホスト国中国のHong Cheng(Deputy Mayor Beijing)氏からの開会の挨拶をはじめ、スウェーデンの経済相やベトナムの副首相、タンザニアのファーストレディなどの各国のVIPのスピーチが続きました。
リーダー紹介では、あおぞら銀行のアキレス美智子さんが9月に東京で開催されるAPEC女性リーダー会議の紹介とご案内をされました。

GALAディナーでは、日本からの参加者の有志は、着物を着て緒方貞子さんの受賞を祝いました。着物姿が珍しいのか、目立つこともあり日本チームの存在はかなりアピールできたようです。





主な内容や参加者などは下記のHPにて、GWSの詳細や画像が見られます。

http://www.globewomen.org/summit/2010/2010%20Summit%20Brochure%20Booklet.pdf

参加者によるGSWレポートは順に掲載予定です。ご期待ください!

By ささき




盛りだくさんな3日間のプログラムは下記のとおりです。

MAY 20, 2010 (THURSDAY)
8:00 a.m. – 4:00 p.m. Summit Registration
9:00 a.m. – 3:30 p.m. MINISTERIAL ROUNDTABLE: Leading Change for Women Through Partnerships
3:00 p.m. – 4:00 p.m. Doing Business with China
4:30 pm Buses depart for Great Hall of the People
5:30 p.m. – 7:00 p.m. Opening Ceremony
7:30 p.m. – 9:30 p.m. Welcoming Reception and Dinner

MAY 21, 2010 (FRIDAY)
8:00 a.m. – 9:00 a.m. Networking Breakfast
9:00 a.m. – 10:00 p.m.   Global Megatrends Post Crisis: P
          An Update Regional Megatrends
          Global Trends in Board Diversity
10:00 a.m. – 11:00 a.m. CEO Forum: Leading Corporate Change
11:00 a.m. – 12:00 p.m. Vice Presidents Forum:
         Leading Government’s Reach to Women
12:00 p.m. – 12:30 pm Break
12:30 p.m. – 2:30 p.m.
Luncheon Program: New Media and its Ability to Extend Markets
Breakout Sessions
2:45 p.m. – 4:15 p.m. Entrepreneurial Track: Finding New Markets
Microenterprise Track:Using Technology for Microenterprise Growth
Leadership Development Track: What Makes for Successful Mentorship?
IssuesTrack:
LinkingBusiness/Government/NGOsSuccessfully
4:30 p.m. - 6:00 p.m.
Entrepreneurial Track:
Branding Effectively Using New and Old Media
Leadership Development Track:
Developing Visibility Internally and Externally
Issues Track: Beijing +15 and Women’s Economic Futures
4:30 p.m. – 6:00 p.m. Special Session:
YOUTH FORUM: Exploring Entrepreneurship
6:00 p.m. -- 7:00 p.m. Break
GALA DINNER
7:00 p.m. – 8:00 p.m.
Women Mayors: Leading Change for Women Through our Cities
8:00 p.m. -- 9:00 p.m. Dinner
9:00 p.m. -- 10:00 p.m.
Global Women’s Leadership Award
China Women’s Leadership Award
Ministerial Best Practices Awards
Ministerial Introductions

MAY 22, 2010 (SATURDAY)
8:00 a.m. - 9:00 a.m. Networking Breakfast
9:00 a.m. – 10:00 a.m.
Leading Corporations to Improve our Communities:
The Future of Corporate Social Responsibility
10:00 a.m. – 11:00 a.m.
Leading the Way to Energy Renewal: Why Women Should Care
11:00 a.m. – 12:00 p.m. Working Effectively With Men
12:00 p.m. – 12:30 p.m. Break
12:30 p.m. – 2:30 p.m. LUNCHEON PROGRAM
Leading Diversity from the Top: The CEO Perspective
2:30 p.m. – 2:45 p.m. Break
Breakout Sessions
2:45 p.m. - 4:15 p.m.
Entrepreneurial Track: Financing Your Business for Growth
Microenterprise Track: Developing Sustainable Markets for     Microenterprise Products
Leadership Development Track: Managing the Difficult Business Conversation (or Resolving Workplace Conflict)
4:30 p.m. - 6:00 p.m.
Entrepreneurial Track: Building Your Business Through New Media
Microenterprise Track:
Funding and Managing Risks In Microenterprise Development
Leadership Development Track: Trends in Work/Life Management
Issues Track: Leading Global Giving: Women and Philanthropy

6:30 p.m. – 7:30 p.m.
Closing Ceremony: Leading Cervical Cancer Prevention
Formal Close
7:30 p.m. -- 9:00 p.m. Closing Reception
| Maki | D&Iイベント報告 | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
日本女性は自分自身に自信が無いの?

GOLDシンポジウム パネルディスカッション発表 報告
By 堀井紀壬子

発見その4: 日本女性は自分自身に自信が無いのでしょうか?

発見その2で報告した「仕事に関するセルフ・エスティーム度」を日米女性で比較してみました。

 * * * * * * * *

質問項目(自分にあてはまる:率) 日本人 アメリカ人 日米差

・仕事をする上で、常に自分なりに努力している  83.8% 87.7% −3.9
・仕事に関して人並みの価値ある人間だと思っている  65.4% 87.8% −22.4
・現在の会社・組織に貢献している   60.3% 91.4% −29.1
・もっと上のポジションで仕事をしたい   26.1% 58.0% −31.9
・自分が任されている仕事を誇りに思う 50.0% 83.4% −33.4
・今の自分が好き  40.8% 76.1% −35.3
・自分の能力は他社に行っても十分役立つと思う  41.6% 90.4%  −48.8
・仕事に関して自分の能力・スキルに自信がある   42.5% 94.3% −51.8

 * * * * * * * *

発見その2と基本的には変わりません。ただし、女性の場合のほうが、特に「自分の能力に対する自己評価」が、男性よりも低いようで、アメリカ人女性との差が開いています。特に、仕事に関する能力・スキルへの自己肯定感や、他社に行っても通用するという自分の市場価値の認識がアメリカ人と比べて非常に低いのです。これらの特性は、よく言えば「謙遜の美徳」です。発見2で述べたように、日本人の価値観では「自分が出来る、自分がこれをやった」と大声で言う人間を好まない傾向にあります。

 「私なんて、何も出来なくて・・・。」と言っていても、見る人は見ていてくれるという幸せな職場環境にいる人はそれでよいのだと思います。自分自身を、このように謙遜して評価しているのなら、「職場が男女平等ではない」と嘆かないでください。でももし、あなたが、今後の自分のキャリアのことを真剣に考えるなら、「能力・スキルに自信をつけ、他社に行っても役立つ能力」を磨いてください。アメリカ人のみならず、中国人、インド人も自分に対する自己評価は高いと聞いています。これからのキャリア作りは、日本人以外の価値観にも適応していかなければなりません。
女性の皆さん、是非、プラスのセルフ・エスティームを身に着けてください。

 また、アメリカ女性との比較で、興味深かったのは「もっと上のポジションで仕事がしたい」が、アメリカでも女性58%、男性63%と、比較すると女性の方が意欲が低くなっています。統計は不明ですが、アメリカでは女性の起業率が高いとも聞いています。もしかしたら、組織の中できつい思いをするよりは、独立したいという夢があるのかもしれません。しかし、独立するにしても自分の能力を前向きに評価することが基本になるでしょう。

 がんばれ、日本女性!!

| Maki | GEWEL調査 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」のご案内

ご案内 「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」
内閣府のシンポジウム

6月22日(火)に、メルパルクホール東京(東京都港区)で、内閣府
主催の「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」(シンポジウム)
が開催されます。
今年はキャッチフレーズを『話そう、働こう、育てよう。いっしょに。』
として、老若男女問わず男女共同参画を 身近にとらえていただくために、
困難を抱える男女が安心して暮らせる社会づくり に関する基調講演や、
いろ んな分野で活躍している方々により様々な男女共同参画の取組を
紹介するパネルディスカッションを行います。

日時 平成22年6月22日(火)
(開場12時 開演13時)
定員 1,500名 (先着順・事前登録制)
参加費 無料 (託児あり・字幕表示あり)
受付期限 平成22年6月11日(金)必着

詳細については内閣府ホームページへどうぞ。
(http://www.gender.go.jp/week/h22zenkoku.html)

 お申し込みは、こちら
 申込フォーム(https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0053.html)

| Maki | - | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
職場内で男女平等はアメリカ59%、日本34%

GOLDシンポジウム パネルディスカッション発表 報告
By 堀井紀壬子

発見その3:職場内で男女平等はアメリカ59%、日本34%、日本では男性優遇が48%でした!!

職場の男女格差について聞いてみました。
アメリカでは、男女平等と答えた人が半数を超えました。しかし、男性優遇と答えた人も27%います(男性20%、女性35%)。日本では男性優遇が約半数に近い回答です。男性の46%も男性優遇と答えています。興味深いのは女性のほうが優遇されているという率は、アメリカ9%、日本8%であまり差が無いことです。

日本で「男性のほうが優遇されている」と思われている理由は、数の問題=管理職数、総合職人数、職場の男女比と質の問題=昇進・昇格の差、職場の役割分担、同じ仕事のはずなのに給与差があるなどです。数の問題は入社時の男女バランスや、女性が長く勤めやすくするなどの施策の充実で、ある程度解決されると思っていたのですが、今年の大学・短大の女子卒業生の就職率を見ると、やはり、不況期には男性優遇になるのかと嘆きたくなる状況ですので、数の格差是正はそれほど甘くないかもしれません。一方、質の問題は、数がついてこないとなかなか解決できない点が多く、楽観視できません。私は、労働人口減少のなかで、まず男女の数の是正が行われ、次に質の解決がなされると思っていたのですが・・・。

アファーマティブアクション以来、40年以上D&Iの推進を行っているはずのアメリカでも、依然として4分の1以上の人は、「男性優遇」と思っているのですから、ジェンダー・ダイバーシティの問題はなかなか根深いですね。

D&I関連の国際会議などでも、家事責任や、育児の責任が女性に重いという話をよく聞きます。ただし、日本の男性の家事へのかかわりを家事時間、残業時間、帰宅時刻などの国際比較で説明すると、「それはひどい!!」と、どの国の人も異口同音にびっくりします。まずは日本の男性の仕事の仕方を変えることが必要でしょう。この点については、連合総研が2007年に行った、生活時間の国際比較−日・米・仏・韓のカップル調査を参照してください。

http://www.rengo-soken.or.jp/report_db/file/1238983928_a.pdf

世界で共通して言われるのが「女性に期待されている人生の役割」が女性のセルフ・エスティームを低くしているということです。

次回、発見その4では、日米女性のセルフエスティーム比較についてお話します。
| Maki | GEWEL調査 | 10:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
日系三世のリーダーとのBreakfast Meetingレポート

日系三世のリーダーとのBreakfast Meetingレポート
By 佐渡アン

5月13日木曜日、外務省とUS-Japan Councilの企画で、ホテルパシフィック東京にて日系三世のリーダーとの和食のBreakfast Meetingが開催されました。

Debra Nakatomiさんをはじめ、Patricia Kinagawaさん、Susan Eichorさん、Dianne Fukamiさんと数名の男性リーダーと来日された機会に設定された非公式な会議です。
日本からの参加者は、GEWELから堀井、藤井、佐渡、女性起業家として高井さんと杉田さんです。大変有意義な話し合いになりましたのでご報告します。

以前、上記と同じ外務省とUS-Japan Councilの企画でトヨタUSAのCFO、Tracey Doiさん、ご自分のPR会社の社長及び初日系三世のブロードカスターとしてEMMY賞受賞者のJan Yanehiroさん、カリフォルニア大学副学長のJudy SakakiさんとLAで高級住宅供給会社KPホーム副社長兼法律顧問のWendy Shibaさんとお目にかかった時は表参道のCafe Anniversaireへ土曜日の午前中でしたので、Accentureの初女性Executive Partnerの本井さん、日産のDiversity推進室長の高橋さん、GE Healthcareの人事取締役の山下さん、BP蠅凌融デイレクターの長浜さん、みずほ銀行のDiversity推進室長の絹川さんと同銀行のシニアクレジットアナリストの寺澤さんが私と参加してくださいました。その時はどのようにアメリカからの女性リーダーがBamboo Ceilingを乗り越えて、今の自分達がいる事及びアメリカのD&Lの現状を皆様でインフォーマルに話し合いました。

米国からの参加リーダーをご紹介します。
Patricia Kinagawaさんは、弁護士として、ご自分の弁護士事務所を2年前に始められました。まだアジア系アメリカ人女性Prosecutor(判事)は珍しいので、裁判の時に翻訳担当に間違えられた事があったと話されていました。セクハラ問題ほか様々なケースを企業クライエント側で扱っておられます。またDV被害者やDisabilityを持つ女性を支援する会にもかなり力を入れているとも伺いました。彼女はロスとパサデナにオフィスを開いています。1時間で別な用事が入ってしまって、9時でお別れでした。

Susan Eichorさんは、ハワイ出身で、エンジニア系の仕事をなさっています。今500人近くの男性エンジニアを使うaoiという会社の社長とCOOです。知り合った若い日本人女性が大変優秀で、色々お話をするのを楽しみにしていたところ、彼女が子供を出産すると、姑の意向で仕事をやめ、家に引っ込むとあっさり言うので、とてもびっくりしたと話していました。日本の環境も少しづつ変化してきてはいるが、このように考える日本女性がまだいる事は確か。日本が女性労働力を活用しなくてはならない場合、どのようになるのかという事が興味の対象でした。

Debra Nakatomiさんは、Asian Pacific American Women's Leadership Institute(APAWLI)より私同様奨学制度でGallup Leadership Institute等で色々学ばせていただいた卒業生社会人でした。PRや広報関係の仕事が主ですが、Girl Scoutの活動にも力を入れており、日本から来た東京支部のガールスカウトのピースパックというプログラム内容がアメリカでも認められたという話をしておられました。ガールスカウトは、私も資生堂の岩田さんとご一緒に評議員を務めていますので、大変面白くお話を聞かせて頂きました。従来からのクッキー販売やキャンプ、クラフトづくりなどから、リーダーシップへとフォーカスが変化してきています。特に100周年を迎えるアメリカでは、キャンペーンや目標が以前とは変わりつつあると話していました。日本でも今年は90周年を迎えて、女性のエンパワーメントが大きなキーワードになっています。彼女は二人の男の子の母親でもありますので、どのくらい息子達がフェミニストでいる事が自分の育て方を実証すると述べていました。

Dianne Fukamiさんは、CBSのニュースルームのトップにもなった時期があり、ご主人よりもサラリーが高い事もありましたが、二人のお嬢様が大学ともう働きに出ており、今は自分のペースでビデオやフィルム、テレビの製作番組等のプロデュース、監督やスクリップト作成をHome officeでなさっており、収入は今やご主人の方が多いが、過去のサポート役でまだ家事の手伝いをしてくださるので、助かるというお話も感銘しました。
Debraさんは、忙しい女性は皆奥さんが欲しいのではないかと言い、笑いの場面も。

今後もぜひ連絡を取り合って行く事を約束して、次回の建部氏によるGOLDのシンポジュームが開催される18ヶ月先(来年の日本での開催が10月頃)になっているので、全員でこれを目標に会いましょうとお別れしました。Tracey Doiさんの一行にも連携を取り、次回の再会。

今回は多くの方の参加が難しかったので、日本からは起業家の女性二人にも入って頂きました。その一人、杉田さんは翻訳会社で英語やフランス語、中国語も出来、お話も大変興味深く聞かせていただきました。彼女は早稲田大学卒業時に就職をせず、中国がまだ共産主義国だった頃に留学されました。今はライセンスの契約等のお手伝いをなさっております。結婚と子育て可能になるよう自分の事業を起こしたが、アメリカからの女性たちが言っているように、Work/Lifeを全部自分のものに出来るのかをDebraさんとDianneさんに聞いていました。お二人からの返事は、やはり多少の犠牲が伴うということでした。

もう一人の起業家は、IT関係のコンサルタント会社を営んでいる高井さんです。エンジニアリングの科学系のコロラドの大学を出て、さまざまな企業を経験し、GEWELの藤井さんと同じNovartis Pharma時代はDiversity推進の仕事もお手伝いした経歴を持っています。
今、外資系企業では、このような技術系の女性を上層幹部へのHeadhuntingのポジションにという話があるので、日本での女性幹部登用への可能性は早まって来ているのではないかというご意見も大変面白く聞かせて頂きました。
| Maki | D&Iイベント報告 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
日米比較:差が大きいのは「能力に対する自己評価」

発見その2:日本人もアメリカ人も“常に努力をしている”と答えています。でもその「努力の結果、どうなりたいか」が、違います。

 日本人の83%、アメリカ人の87%が“仕事で常に自分なりの努力をしている”と回答しています。しかし、その内容は大いに違います。
仕事に関する自己認識の質問で、日米では下記のような差が出ました。

+ + + + + + + + +
 質 問                日本人 アメリカ人 日米差
仕事に関して人並みの価値ある人間だと思っている  66.3%   87.8%   −21.5
現在の会社・組織に貢献している   61.8%   91.3%   −29.5
もっと上のポジションで仕事をしたい  30.9%   60.7%   −29.8
自分がまかされている仕事を誇りに思う  50.3%   81.3%   −31.0
今の自分が好き             39.1%     75.0%   −35.9
自分の能力は他社に行っても十分役立つと思う  44.3%   90.4%   −46.1
仕事に関して自分の能力・スキルに自信がある  45.9%   94.6%  −48.8
+ + + + + + + + +

 日本人の回答態度の繰り返しになりますが、日本人は“はい・いいえ”を明確に言わず、“わからない”と回答するところが、アメリカ人と結果差の一因だと思います。

ただし、日米の差が少ないのは、「組織に対する自己認識」です。日本人も66%は仕事に関しては“自分は価値ある人間”と思っています。また60%以上が現在の会社・組織に貢献していると答えています。これらの項目は「他人が評価してくれる自分」です。余談ですが、友人たちに“自分が死んだら、どんなことを言ってほしい?”と聞きましたら、「そんなことは自分が言わなくても、周りの人が正当に評価してくれる。自分から言うべきことではない」という答えが返ってきて、ああこれが日本の伝統的な評価に対する考え方だなと思いました。

 これに対して、差が大きいのは「能力に対する自己評価」です。多分、日本人の考え方では「自分が出来るといわなくても、周囲が認めてくれて、それなりの処遇はしてくれる。自分から出来るというのは見苦しい」ということになるのでしょう。たしかに、いままでの日本の企業社会では、「謙遜とか、謙譲」が美徳であったと思います。よくスピーチの冒頭で「諸先輩をさしおき、不肖私が乾杯の音頭を取らせていただきます」的な表現をしますが、これも日本人の価値観のひとつかもしれません。
 しかし、これらの美徳、価値観は日本人の中でだけ、もしくはある一定の年代以上に通じることなのではないかと思います。

+ + + + + + + + +

これからの日本人は、もうすこし、自分の能力に自信を持ち、いい意味で自分を売り込むことを身につけるべきだと思いませんか?
| Maki | GEWEL調査 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(1) |
NPO法人GEWEL
自分にとってのダイバーシティとは?個人向けWS報告

第1回“本音で語ろうダイバーシティ&インクルージョン”を開催しました。
By 藤井幸子

4月19日にダイバーシティ&インクルージョンに興味を持っている16名の方が集まり、東京ウィメンズプラザで一緒に考えようというイベントが行われました。参加者の背景は、国籍、海外経験、年齢、経験など本当に多様で、様々な意見が交わされました。

初めに、GEWELで実施した働く人の意識調査日米の比較について:「ダイバーシティという言葉の認知度が8%」と、思っているより低いこと。日本人の「自尊感情の低さ」などが異なること。また、「仕事をするうえで、常に自分なりに努力している割合が80%強」と日米で同じであることが発表されました。

“本音で語ろう”というタイトルにした理由は、組織への呼びかけで話し合うと、会社としての立場などの関係で、本音がなかなか言いにくいのでは?ということで、あえて個人を対象にと考えた企画です。

人の話をじっくり聞く、自分の考えを思いきり話すために、ワールドカフェ方式で、“自分にとってのダイバーシティ”というひとつのテーマについて、参加者が3つのグループで入れ替わり、話し合いをしました。その中からどんな意見が出たかをご紹介します。

アンケート結果からは、皆さん組織の考えからなかなか抜け出ることができなかった。もっと具体的な例が出てきたら、分かりやすかったかもしれない。など。次回への課題が出てきました。

自分にとってのダイバーシティ
まず人に興味を持つことで、“異なることに価値を見いだす”というダイバーシティの考えに納得できるのではないか?
多様性は一人ひとりがいろいろな角度で物事を見ることができるようになり、自己成長につながる。
長い間仕事をする中で、正社員にならない選択をした。それが自分の好きな仕事を続けるためでもあった。しかし同じ仕事でありながら、上司によって、扱われ方や情報の共有が異なるのには納得できないことも。 
大企業の方がD&Iができていないのでは?中小企業は人を活かさないとやれないので。
ダイバーシティの定義がいろいろある(個人の背景や転職経験、留学経験などで違うのでは?)
企業のDNAがあわないと溶け込めない。日本企業は特にそう。
(転職ができない人たちが自分たちにムラ社会を守ろうとするから閉鎖されている。ほかにも女性に対して、一般職という仕事を選んだのだから、OKでしょう、という意見も)。
上層部もダイバーシティを勉強するべき。本当の意味を理解していないかも。
日本文化そのものが歴史的に、外国の文化などダイバーシティをとりいれてやってきた。
一人ひとりを活かしていかないと日本の明日はないという危惧がある。
人体の抗原抗体反応に似ている。外部から異質の抗原が入ったときに、それを生体が受け入れて抗体ができ、収まり共存できるようになる。
アウトサイダーが楽しい経験だった。ポジショニングをかわることで、いろいろできるし、場面に応じて変われておもしろい(Diversityを楽しんでいる人の意見)。
一つの会社だけで過ごさなかったことが良かったと感じることが出来、私にとってのダイバーシティかもしれない。
自分の知らない文化・思想・人格を知ること。短気だった自分が変わって無駄に怒らなくなった気がする。

今後期待するテーマとして
ー分とは異なると思われる人とどう折り合いをつけることができるか?
日本社会にD&Iが受け入れられるには?どうしたらいいか?
Diversity & Inclusionの考えがなぜ個人にとって必要か?

次回は、
6月21日(月曜日)18時30分より
東京ウィメンズプラザで開催予定です。
参加ご希望の方はcontact@gewel.orgまで、ご連絡ください。
| Maki | D&Iイベント報告 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
ダイバーシティ体験 暗闇ワールド

真っ暗闇を体験して、暗闇と対話してみませんかとお誘いをうけ、暗闇、怖いなあと思いながら、どきどきしながら行ってきました。

ここからはネタバレになるので、体験したい人は読まないでくださいね。

はじめに。暗闇探検。
チーム8人は、視覚障害者の方のガイドに従って
白杖をもって真っ暗闇のなかを探検します。

だんだん光がなくなる世界へ。
不安で、動悸がして、冷や汗がでるような感覚です。
ひやー、もともと怖がりなので、すっかりパニック寸前です。

でもそこには、力強いガイドさんの声と腕が待っていてくれました。
「ここまできてね。そうそう。着きましたね。」
やさしい暖かい手。とっても安心。

最初はぎこちないながらも次第にみんなで声をかけあって、
手を差し伸べたり、肩を貸しあったり。

暗闇になれてくると音とにおい、
左手と右手でもつ杖の情報が頼りです。
いつも使わない五感がフル回転しだします。

探検のあとは、ビジネスプログラム。

暗闇のなかで、与えられた課題をチームで解決していきます。
光があれば一目瞭然なのに、もどかしいったら、ありません。

自分の持っている情報をなんとか伝えようと
あらゆる言語を駆使して表現します。

これは
難しかった・・・。


最後は、「暗闇ティータイム。」
これってなに?
ここになにかあるよ。
コレまわしますね。どうぞ。
何かわかんないけど、飲んじゃお。
これおいしいよ。食べて。これもどうぞ。とか
あれこれ、おしゃべりしながら、触り、香りや食感を楽しんだのでした。

自分がどう見られるかを気にしなくっていいのも楽でした。

  *  *  *

こんなこと、当然わかってるだろって思わずに自分の思いや考えをちゃんと言葉で表現することってとても大切と感じた一日でした。

ダイバーシティ&インクルージョン、多様性と多様性を受け入れることの意味を体感できる一日でもありました。

暗闇体験できるのは
ダイアローグ イン ザ ダーク
(銀座線外苑前徒歩8分)

By ささき
| Maki | その他 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< May 2010 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE