Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
GEWELオープンフォーラム参加

GEWEL賛助会員 深川 浩一
(株式会社ヨコオ 取締役 執行役員専務)

11月17日品川フロントビルで開催されたGEWLオープンフォーラム2016「Inclusion 広げよう自分の世界を!」に参加しました。

パネリストは、自ら組織リーダーとして、また、生活者としてInclusionを最前線で実践したおられる方々であり、信念と体験に裏付けられたお話を聞くことが出来ました。

Diversity の推進は社会をより良い方向に進めるための基本であると思いますし、企業経営としてもCSR活動の基本に置く目標との認識はありましたが、Inclusionの推進にステージを上げることでビジネスでも多様な付加価値(イノベーション)を産み出していく、そのことが各個人の仕事と生活の充足感を向
上させるという好循環を生み出していくことが今求められていると思います。

Jリーグチェアマンの村井さんが述べられた、Diversityの基本は「異なるところ」「異なる人」に会いに行くこと、実際に少年院に行って少年たちと交流していることに心を動かされました。私個人としては、リタイア後は世界の難民の方々の支援ができればと考えており、今から言葉の勉強や具体的にできる支援は何なのかを考え準備していかなければと決意を新たにしました。

個人として特に印象に残った言葉は、営業部女子課の会代表の太田さんが指摘された「地方では、意識を持った女性が浮いた存在になって潰されていく」ということでした。

「浮いた存在になって無視される・潰される」ことへの恐れは「地方・女性」に限らず、多くの人が抱える悩みだと思います。
私自身も企業経営の一端に関わるとともに、社会福祉法人の運営や東北復興ボランティアなどに参加しがら、Diversityを自社や社会に少しでも根付かせたいと活動する一方で、役員ゴルフなどには参加しない自分が「浮いた存在」となるのではないかという恐れを常に抱えているのが正直な私の実情です。

そんな弱気を抱える自分を元気づけて、Diversity⇒Inclusionにバージョンアップしていくため、これからもGEWELのフォーラムに参加していきます。

オープンフォーラム最後に、パネリスト、参加者が思いを書いた”GEWELの木”
| Maki | D&Iイベント報告 | 22:57 | comments(0) | - |
NPO法人GEWEL









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE