Diversity & Inclusion Blog

Welcome to Diversity & Inclusion Blog.
ダイバーシティの推進を願い、より多くの意義ある活動や世界の情報を、より多くの人に届けるため発信していきます。
GEWELのメンバーや志を同じにする人たちから、日本や世界のダイバーシティ&インクルージョン情報をお届けします。
Diversity&Inclusion入門編ワークショップ

私の Diversity & Inclusion ジャーニー ワークショップを開催しました

GEWELでは、Diversity & Inclusionを理解し、実践する方が増えることを目的として、“私のD&I Journey ワークショップ”を企画、実施しています。
8月29日(水)は、セルフエンパワーメントとD&Iをテーマにワークショップを行いました。

D&Iジャーニーの意味を説明し、その第1歩として、自分は何者?を考えるワークショップとして位置付け、セルフ−エンパワーメント即ち自分自身の持つ力に気づくために行いました。前回はやる気スイッチをみつけるという目的で行ったものですが、再度、出来事とその時の自分の気持ちを思い出し、エネルギーレベルがどの位だったかのワークをしてもらいました。そのツールとしてライフチャートを書き、スイッチオフになった時の出来事とその時自分はどんな気持ちだったか?さらにそれはなぜか? また、スイッチオンになった時の出来事とその時の気持、それはなぜ?を質問していくと、自分のスイッチオンとスイッチオフ、そして自分がわくわくするのは何が要因になっているのか?を見つけることができました。

このワークをする中で、自分自身の思い込みに気づき、特にネガティブな思い込みは、視点を変えることで、少なくとも0か、うまくすればポジティブ(自己肯定感を高める)にもなりうると考えます。
セルフエンパワーメントという概念を、自分の中にいる龍(ブータンの王様が福島の小学校を訪れた時、話した龍の話*)を育てることと言い換えてみました。
私達は、自分の知っていることが基準だと考え、それが正しいことと“思いこみ”、異なるものに対して間違っているという感情を生み、他者を排除することにつながると思います。即ち、自分のコアとなる部分があれば、ほかの人も同じように、それぞれのコアを持っていると考え、自分を尊重するし、他人も尊重することにつながると考えています。それがDiversity&Inclusionを理解・実践していくことになると思います。

参加された方からのFBには、自分のスイッチがオンになる時、オフになる時を考え、気づいた。多くの方は、自分の存在価値が認められることが、オンになり自信につながる。別の視点、全く異なる世界に自分をおいたり、他のことを考えることが、落ち込んでいる状態から抜け出せるなど。ある程度共通した部分がありました。

*昨年ブータンの国王夫妻が福島の被災地を訪れ、小学生たちに話した、龍のはなし(以下はブータン首相フェローとしてブータンで働く日本人、高橋孝郎さんのブログからの引用です。)
“A dragon is nothing but our personality. A dragon exists and lives in the heart of each one of us. A dragon thrives bigger and stronger as one grows older and accumulates experiences, and one must always be in control of one’s own dragon. I tell the children of my country to feed their own dragon. I hope you will feed your own dragon, too.”
“龍というのは、人格のことです。ですから龍は、わたしたちの一人ひとり、誰の中にでも住んでいます。龍は、わたしたちが歳を重ねるにつれて、わたしたち一人ひとりの経験を糧にして、大きく強くなります。大切なことは、その龍をたえずコントロールすることです。
わたしは、ブータンの子どもたちに、自分の龍を養い育てなさい、と言っていますが、皆さんも自分の龍を養い育てて下さい。”

| Maki | D&Iイベント報告 | 14:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
NPO法人GEWEL
参加して、本当によかったです。
このような、楽しくて本音で語れる場は、なかなかないと思います。
やる気スイッチのオンとオフの気付きは、自分でもすっごく納得。次の回が楽しみです。
だんだん肩の荷が下りてくるような気がします。
| 武藤順子 | 2012/09/02 10:44 PM |
コメントありがとうございます。このプログラムはD&Iの基本理念を理解するうえで大切だと考えて、開発したものです。GEWELの5人のメンバーで多様な考えをぶつけながらの結果です。評価してくださって私たちもうれしいです。次回も参加してくださいね。私たちも進化していきますので。
| 藤井幸子 | 2012/09/05 10:27 AM |









http://blog.gewel.org/trackback/190637
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE